三千盛【みちさかり】~辛口の酒の代名詞的存在~株式会社三千盛

三千盛「三千盛」を一言で表現するなら「辛口」。

岐阜を代表する辛口一筋の蔵元、株式会社三千盛が醸す酒です。

厳選された酒造好適米と、笠原川の伏流水を仕込み水で醸された「三千盛」ブランドは、辛口ながらも水のように飲める「水口の酒」とも呼ばれます。

 

株式会社三千盛

三千盛酒造創業は、安永年間(18世紀)まで遡る「三千盛」の蔵。

尾張地方出身の、初代・水野鉄治が、江戸時代後期に蔵を構えました。

創業当時は、初代蔵元の出身地に因んだ「尾張屋」の屋号で、酒を醸していました。

大正4年に「尾張屋合資会社」として設立。

組織改革とともに、現在の社名である「株式会社三千盛」と改称したのは、平成4年になってからのことです。

創業当時から辛口を主体とした酒造りを行い、甘口全盛期の時代においても、妥協することはありませんでした。

全国の辛口通のファンに支持され、今では辛口の酒の代名詞とも言える蔵として知られています。

食中酒として料理を引き立てることに主眼を置き、味と香りのバランスを整えた酒を醸しています。

甘味と香りは、食材の味を打ち消さないよう、あえて控えています。

余分な雑味を排除することで、米本来の味を生かすのが、三千盛の酒造りです。

「三千盛」の銘は、ラベルの専門業者から提案されたもの。

もともとは「まる尾」という銘柄でしたが、明治末期に「黄金」と改称したところ、全国に同じ銘柄が軒を連ねていました。

独自性のある銘柄で、商標登録しやすいものとして採用されたと言われています。

三千盛の新酒を楽しみたい方は、毎年、春と秋に開催される感謝祭に訪れてみてください。

酒蔵見学やきき酒など、さまざまなイベントがめじろ押しです。

株式会社三千盛
岐阜県多治見市笠原町2919

 

三千盛 酒蔵感謝祭

毎年恒例の三千盛の酒蔵感謝祭は、春(3月)と秋(11月)の年に2回の開催です。

桜と紅葉の季節に、できたての新酒を求める旅に出てみましょう。

三千盛 酒蔵感謝祭

催し内容(2017年の場合)

製造蔵ツアー

蔵人の案内で、三千盛の製造工程を見学することができます。

当日、先着順に受け付けています。

事前予約はありません。

定員: 各回20名(計100名)
時間: ①11:30~ ②12:10~ ③12:50~ ④13:30~ ⑤14:10

出品酒

純米大吟しぼりたて(2017新酒)、純米大吟にごり、悠醸、小仕込純米、純米、超特原酒、超特、朋醸、まる尾、手作り甘酒など

※試飲はチケット制となっています。

チケットは入場料を支払うと11枚セットがもらえます。

追加チケットも500円で販売されていますが、枚数限定です。

フードコーナー

こちらでは、打ち立ての蕎麦や、ローカルフードの屋台、手作り惣菜のぬくた屋、いぶし工房の手作りチーズ、ゆめくらぶ農園の豚汁などに舌鼓を打ちましょう。

感謝祭日時: 毎年3月および11月頃・午前10:00~午後3:00
入場料金: ¥500(試飲チケット11枚+酒猪口付き)
予約: 入場・試飲などの事前予約は不要。当日直接向かうのみ。

感謝祭の開催情報は、公式HPの「最新情報」にてご確認ください。

 

おすすめの日本酒

三千盛 小仕込み純米酒 1.8L「三千盛 小仕込純米」は、ロンドン酒チャレンジで金賞を受賞した一本。

ラベルには純米と表記されていますが、実際は純米大吟醸酒です。

小仕込みで実現した極上のキレは、「からくち三千盛」の真骨頂と言えるでしょう。

微かに感じるのはエレガントな吟醸香、味わいは辛口で芳醇です。

軽やかに飲み進めて、キレのある後味に浸りましょう。

 

日本酒Data

銘柄: 三千盛 小仕込純米
特定名称: 純米大吟醸酒
使用米: 山田錦
精米歩合: 40パーセント
日本酒度: +16.0
酸度: 1.4
アルコール度数: 15.3度

香り  弱・・★・・強
コク  薄・・★・・濃
キレ  弱・・・・★強
味わい 甘口・・・・★辛口

 

美味しい飲み方

エビのアヒージョ冷やで飲むと、米本来の旨味が楽しめる逸品です。

少し温度を下げると、シャッキリ冴えた印象の味わいになります。

食中酒としても美味しい酒なので、和食でも洋食でも相性は抜群です。

特に魚介類の旨味が増すので、合わせてみてください。

オリーブオイルをたっぷり使った、エビのアヒージョなどは、いかがでしょうか。

 

その他おすすめの酒

料理を引き立てる酒を求める方は、「三千盛 純米(純米大吟醸酒)」にもチャレンジしてみてください。

旨味と酸味のバランスが良いため、食材の旨味も何倍にもなります。

シャープでさらりとした味わいは冷やで、柔らかく膨らみのある味わいは燗で楽しめます。

 

三千盛【みちさかり】~辛口の酒の代名詞的存在~ まとめ

切っても切れない関係にある「辛口」と「三千盛」。

すっきりとした飲みくちの一本は、辛口には一家言ある男性ファンだけでなく、女性にも人気です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Kitagawa

最後までブログを読んでいただきありがとうございます。
これからも日本酒についての記事を書いていきますのでブログシェアお願いいたします。

コメントを残す

スポンサードリンク

このページの先頭へ