松の寿【まつのことぶき】~初の下野杜氏が超軟水でじっくりと仕込む~株式会社松井酒造店

下野杜氏とは、栃木県の日本酒を後世に伝えるため、厳しいカリキュラムを乗り越えた者に与えられる資格です。

松の寿の蔵元は、その第一期生として認定され、初代下野杜氏となりました。

米の旨さを最大限に引き出す、超軟水仕込みの酒が自慢です。

 

株式会社松井酒造店

松井酒造店株式会社松井酒造店は、慶応元年(1865)に創業されました。

初代松井九郎治は、新潟県出身の越後杜氏でした。

良質な湧水を持つ、栃木県塩谷郡に移り住み、独立しました。

現在も豊富に湧き出る高原山麓の水は、硬度1.0の超軟水という特徴を持ちます。

ゆっくりとした発酵で、米の旨味を最大限に引き出せるというのが、超軟水で造る酒のメリットです。

創業から数えて5代目となる現蔵元は、栃木県が認定する下野杜氏の第一期生となります。

先代までは越後杜氏を迎えて酒造りを行っていましたが、現在の松井酒造店の酒は、初代下野杜氏である蔵元の手によるもので、素材の魅力を引き出しながらの酒造りが行われています。

使用酒米は主に栃木県産の五百万石、超軟水でじっくりと仕込むことで、やさしい口当たりと柔らかな味わいの酒が生まれます。

その美味しさは折り紙付きで、全国新酒鑑評会金賞を始め、数々の賞に輝くほどです。

代表銘柄の「松の寿」は、創業当時から受け継がれてきました。

蔵の裏手に広がる松林にあやかり名付けられたと言われています。

慶事を象徴する「松」に、縁起の良い「寿」を加え、現在に至ります。

「松の寿」シリーズのほかにも、日光ご当地限定酒なども醸造しています。

渋いオリジナルグッズも販売していて、ストラップは酒の裏張りが読める一品です。

 

株式会社松井酒造店
栃木県塩谷郡塩谷町大字船生3683

 

おすすめの日本酒

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

松の寿 雄町純米吟醸生原酒 720ml 28BY 栃木県
価格:1836円(税込、送料別) (2017/12/17時点)

 

松の寿ブランドで最も人気が高いのが「松の寿 純米吟醸 雄町 無濾過生原酒」となります。

55%まで精米された雄町の魅力を引き出し、超軟水で一滴一滴を丁寧に醸しています。

口に含むと、穏やかな香りが広がり、雄町の旨味がするりと喉奥に流れ込んでいきます。

限定流通商品のため、入手困難ではありますが、飲み始めると手が止まらなくなる一品です。

 

日本酒Data

銘柄: 松の寿 純米吟醸 雄町 無濾過生原酒
特定名称: 純米吟醸酒
使用米: 雄町
精米歩合: 55パーセント
日本酒度: +2.5~+3.5
酸度: 1.3~1.35
アルコール度数: 17度

香り  弱・・・★・強
コク  薄・・・★・濃
キレ  弱・・★・・強
味わい 甘口・・★・・辛口

 

美味しい飲み方

雪冷え10℃前後まで冷やした冷酒で飲むと、透明感のある米の旨味を余すところなく楽しむことができます。

どの系統の料理とも相性が良いので、食中酒として飲みやすい酒です。

さっぱりとした前菜系の料理や、しっかりとした味付けの主菜など、自由な組み合わせで飲み比べてみましょう。

ついつい酒が進んでしまうので注意です。

 

その他おすすめの酒

キレのある辛さを楽しみたい場合は、「松の寿 辛口純米 ひとごこち(純米酒)」をいただきましょう。

辛さの中に、柔らかな純米の風味が隠されています。

さっぱりとした後味も相まって、食中酒にも最適です。

 

蔵元最高級

「松の寿 斗瓶採り 大吟醸原酒 源水点(大吟醸酒)」は、鑑評会仕様の最高級酒。

2016年の全国新酒鑑評会で金賞を受賞しています。

長期低温発酵で醸され、斗瓶採りで丁寧に搾られて出来上がりました。

吟醸の香りも高く、優雅な口当たりを誇ります。

 

松の寿【まつのことぶき】~初の下野杜氏が超軟水でじっくりと仕込む~ まとめ

5代目を堺に、越後杜氏から下野杜氏の酒造りへと生まれ変わった松井酒造店。

愛情を込めて造られる「松の寿」は、その深い味わいとマツコトの通称で愛されています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Kitagawa

最後までブログを読んでいただきありがとうございます。
これからも日本酒についての記事を書いていきますのでブログシェアお願いいたします。

コメントを残す

スポンサードリンク

このページの先頭へ