醸し人九平次【かもしびとくへいじ】~ナチュラル感を楽しむ新感覚の日本酒~株式会社萬乗醸造

醸し人九平次株式会社萬乗醸造は、約360年もの歴史がある、愛知県の蔵です。

しかし、その名前が全国に轟くのは銘酒「醸し人九平次」が誕生してからのこと。

1997年を堺に、改革に改革を重ね、新感覚の日本酒にたどり着きました。

今や世界からも注目される酒蔵の一つです。

 

株式会社萬乗醸造

萬乗醸造萬乗醸造の酒造りの歴史は、政保4年(1647)に始まりました。

15代目である現蔵元は、久野九平治氏。

久野家当主は、代々「九平治」の名を襲名してきました。

1997年に誕生した銘柄、「醸し人九平次」にも使用されている由緒正しい名前です。

萬乗醸造は、「醸し人九平次」が生まれるまでは、大手メーカーの下請けとしての仕込みが多く、自社銘柄の少ない蔵でした。

酒造りも、生産性・合理性を重視した、大量工業的な方法がメインであったと言われています。

しかし、1997年に15代目九平治が「醸し人九平次」を生み出すとともに、酒造りの方法も大きく方向転換することになりました。

手造りの仕込みに戻り、現在では、純米吟醸と純米大吟醸のみを醸す蔵として名を馳せています。

その後も改革は続き、2010年には「米を育てることからの日本酒造り」への挑戦が始まります。

農家に任せきりになるのではなく、米作りを自ら知ることが、新たな酒造りに繋がると信じてのことです。

兵庫県黒田庄町では、シーズン中に住み込むスタッフが、自社田にて山田錦を栽培しています。

また、2013年には、日本酒に科学反応を起こすべく、フランスに長期研修としてスタッフを派遣しています。

現在は、「ナチュラル感」という土俵において「熟した果実味をベース」とした「気品・優しさ・懐かしさ」が体感できる純米吟醸酒を醸しています。

「醸す品」としての日本酒を広めるため、日々、改革が続く酒蔵です。

株式会社萬乗醸造
愛知県名古屋市緑区大高町西門田41

 

おすすめの日本酒

醸し人九平次 別誂 純米大吟 1800ml萬乗醸造のフラッグシップ品と言えば「醸し人九平次 別誂(べつあつらえ)」です。

ミシュランで三ツ星を獲得した、パリレストランでも提供される一本で、従来の日本酒では感じられなかった印象が与えられます。

爽やかな果実香、ホワイトチョコを連想させる甘味と、柑橘類の皮のような渋みの調和が楽しい純米大吟醸酒。

クリーミーと評されるその味を、直に味わってみてください。

 

日本酒Data

銘柄: 醸し人九平次 純米大吟醸「別誂」
特定名称: 純米大吟醸酒
使用米: 山田錦
精米歩合: 35パーセント
日本酒度:
酸度:
アルコール度数: 16度

香り  弱・・・★・強
コク  薄・・・★・濃
キレ  弱・・・★・強
味わい 甘口・・・・・辛口

 

美味しい飲み方

チーズ「別誂」は、ワイングラスが似合う酒です。

10℃ほどの花冷えにして注ぎ、クルクルと香りを楽しんでから飲んでみてください。

フレンチに合わせても遜色ない純米大吟醸ですが、ワインではカバーしきれないジャンルも得意としています。

チーズやクリームなど、乳製品をメインとした一皿と挑戦してみてください。

味わったことのない旨さの科学反応があります。

 

その他おすすめの酒

シンプルな若葉色のラベルが目を引く「醸し人九平次 純米大吟醸『黒田庄に生まれて、』(純米大吟醸酒)」

黒田庄で自社栽培した山田錦を50%まで磨いて仕込まれました。

醸し人九平次シリーズの中でも、柑橘系の香りが最も楽しめる一本。

酸味も特徴的で爽やかです。

 

醸し人九平次【かもしびとくへいじ】~ナチュラル感を楽しむ新感覚の日本酒~ まとめ

代々の九平治が醸してきた萬乗醸造の酒は、15代目蔵元の時代に花開きました。

従来の日本酒では感じられない、新感覚の一本を求める方は、「醸し人九平次」をご賞味あれ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Kitagawa

最後までブログを読んでいただきありがとうございます。
これからも日本酒についての記事を書いていきますのでブログシェアお願いいたします。

コメントを残す

スポンサードリンク

このページの先頭へ