義侠【ぎきょう】~米のうま味とパワーが直に伝わる純米酒~山忠本家酒造株式会社

義侠「義侠」とは、弱い者の苦しみを見逃せない心のこと。

そんな、一本の芯が通ったかのような銘酒を醸すのは、愛知県愛西市に蔵を構える山忠本家酒造です。

大事なことは、量より質。米の持つ力を反映させる、旨い酒造りのみを目指して邁進しています。

 

山忠本家酒造株式会社

山忠本家酒造山忠本家酒造は、愛知県愛西市の地に、江戸時代の中期(18世紀)ごろ誕生したと伝えられています。

現社長は、数えて10代目にあたります。

「飲んで旨い酒」を目指し、「義侠」ブランドだけを携えて、酒造りを続けることを決意した人物でもあります。

日本酒の鑑評会で数々の金賞に輝いていたにも関わらず、石高を落としてまで全量純米仕込みとすることにこだわりました。

また、熟成にも重きを置いており、昭和52年からの純米大吟醸を保管しています。

ビンテージ酒の宝物蔵を抱える蔵元です。

目指す味は、「米の力を最大限に還元した酒」。

兵庫県東条特A地区産の山田錦は、同蔵には欠かせない米となっています。

地下200メートルから汲み上げられた、木曽御嶽の伏流水と共に、丁寧な手仕込みで醸し、米の力を酒に封じ込めています。

持てる全てを込めて醸される「義侠」の銘は、明治時代の山忠本家酒造のあり方を由来として生まれました。

酒の価格が急騰した時期であるにもかかわらず、酒の小売商との契約を守り抜いたという逸話にもとづくものです。

採算度外視で、安値の酒を提供し続けた同蔵に対して、小売商が「義侠」という名を贈ったと言われています。

一途に旨い酒を造り続ける、山忠本家酒造らしいエピソードと感じられます。

山忠本家酒造株式会社
愛知県愛西市日置町1813

山忠本家酒造株式会社
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

 

おすすめの日本酒

義侠 慶 純米大吟醸1800ml熟成酒に重きを置く山忠本家酒造らしい酒と言えば「義侠 慶(よろこび)」でしょう。

40%まで磨いた、兵庫県東条特A地区産の山田錦で醸した純米吟醸酒がベースとなっている一本。

3年以上の熟成期間を経た、複数の純米吟醸酒をブレンドして仕上げています。

完全受注生産品のため、特約店でしか購入できない貴重な酒です。

11月の出荷時期を見計らって手に入れましょう。

奥行きのある、独特な味わいが舌に慶びを与えてくれます。

 

日本酒Data

銘柄: 義侠 慶
特定名称: 純米大吟醸酒
使用米: 山田錦
精米歩合: 40パーセント
日本酒度: +3.0~5.0
酸度: 1.5
アルコール度数: 16~17度

香り  弱・・★・・強
コク  薄・・・・★濃
キレ  弱・・・★・強
味わい 甘口・・・★・辛口

 

美味しい飲み方

いくらの醤油漬け熟成酒のブレンドから生まれた「義侠」独特の旨さを壊さないよう、冷やまたはぬる燗でいただいていきましょう。

強い旨味を感じる食材でなければ、この純米大吟醸酒の味に負けてしまうかもしれません。

ショウガをたっぷり使った魚卵の煮込みや、魚卵の醤油漬けなどと合わせると、盃がクイクイ進みます。

 

その他おすすめの酒

「義侠 侶(ともがら)(純米吟醸酒)」は、加水なしで米感が強い純米吟醸酒。

低アルコールで、穏やかな上立ち香と、まろやかな旨味が特徴です。

飲みやすい「義侠」と言えば、この一本をおすすめします。

 

蔵元最高級

長期熟成酒の極みと言える一本は、「義侠 昭和63年酒造年度 精米30パーセント(純米酒)」

0℃の低温熟成期間は、昭和から平成の現在まで続きました。

淡い黄金色の酒に込められた、繊細な米の旨さと、優美でなめらかな飲みくちがたまりません。

 

義侠【ぎきょう】~米のうま味とパワーが直に伝わる純米酒~ まとめ

今も昔も変わらない、採算度外視で旨い酒を提供する山忠本家酒造。

男気溢れるこの蔵は、米の旨さと力を込めた、「義侠」ブランド一筋の酒造りを行っています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Kitagawa

最後までブログを読んでいただきありがとうございます。
これからも日本酒についての記事を書いていきますのでブログシェアお願いいたします。

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ