清泉【きよいずみ】~『夏子の酒』のモチーフとなった伝説の酒蔵~久須美酒造株式会社

夏子の酒(1) (モーニングコミックス)「清泉」を醸す久須美酒造株式会社は、栽培の難しさから途絶えかけた幻の米「亀の尾」を復活させた酒蔵として有名です。

酒造りにかける情熱は、漫画「夏子の酒」のモチーフにもなりました。

新潟の自然の恵みと、人情が合わさって、生みだされた銘酒です。

 

久須美酒造株式会社

久須美酒造久須美酒造は、天保4年(1833)の創業以来「日本酒は、土地の米と水と人情と自然が醸す風」という言葉を大切にしながら、酒を醸してきた酒蔵です。

昔から清水屋の屋号で呼ばれてきたことから分かるように、清らかな湧水を持つことが、代表銘柄「清泉」の由来となっています。

蔵の裏手にある杉山が育んだ水は、新潟県の名水三十六選にも選ばれた名水で、仕込み水に用いられています。

杉山を守ることが良い水を得ることに繋がるため、代々、杉と共に生きてきた蔵でもあります。

また、酒米作りに関してもエピソードがあり、幻と呼ばれた米「亀の尾」を復活させた蔵としても知られています。

亀の尾味や質に恵まれていながら、倒伏しやすく病害虫に弱いことで途絶えかけていた米を、自家栽培することで蘇らせました。

これは、亀の尾から醸した酒の旨さを、越後杜氏の長老から伝え聞いた6代目蔵元の久須美美記廸氏の情熱が実を結んだ結果です。

幻の米で酒を醸したい一心で、1500粒の種籾から3年かけて栽培に成功し、純米大吟醸「亀の翁」を誕生させました。

このエピソードは、漫画「夏子の酒」のモチーフとなり、和久井映見主演で平成6年にテレビドラマ化されたことで、広く知られるようになりました。

酒造りに情熱を傾ける久須美酒造では、新潟県の自然の恵みを受けながら、今日も越後杜氏が丁寧に酒を醸しています。

久須美酒造株式会社
新潟県長岡市小島谷1537-2

久須美酒造株式会社
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

 

おすすめの日本酒

清泉 大吟醸酒年に1回、2月限定で発売される「清泉(大吟醸酒)」が、清泉ブランドの一推しです。

わずか500本という定数出荷のため、入手が難しい、貴重な大吟醸酒となっています。

ゆっくりと低温発酵させ上槽した後、1年の熟成期間を経て瓶詰めされた一本には、上品な香りとまろやかな風味、キレのある喉ごしが封じ込められています。

ぜひ解き放って堪能してほしい酒です。

 

日本酒Data

銘柄: 清泉
特定名称: 大吟醸酒
使用米: 山田錦
精米歩合: 40パーセント
日本酒度:
酸度:
アルコール度数: 16~17度

香り  弱・・・★・強
コク  薄・・・★・濃
キレ  弱・・・・★強
味わい 甘口・・★・・辛口

 

美味しい飲み方

こごみの胡麻和えまず、10℃以下の雪冷えや花冷えでいただいてみてください。

味に深みを出したい場合は、は40℃ぐらいのぬる燗にすると良いでしょう。

大吟醸酒の魅力が広がります。

飲むときは、新鮮な食材を活かした料理に合わせると最高です。

2月に出荷される酒なので、たらの芽、こごみ、ふきのとうといった春採れの山菜を使ってみるのも良いでしょう。

天ぷらや胡麻和え、煮物など、山菜尽くしと一緒にいただく清泉も格別です。

 

その他おすすめの酒

言わずと知れた、漫画「夏子の酒」に因んで醸された「夏子物語(吟醸酒)」は、蔵元の酒造りに対する姿勢が分かる一本。

優しい香りと、きめ細やかですっきりとした味で楽しませてくれます。

瓶のまま湯煎が可能なので、燗にしやすいのも嬉しいポイントです。

 

清泉【きよいずみ】~『夏子の酒』のモチーフとなった伝説の酒蔵~ まとめ

良質の清水を得るために杉山を守り続け、旨い酒のために幻の米を復活させた久須美酒造。

銘酒「清泉」の旨さの裏には、そんな蔵元の情熱が隠されています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Kitagawa

最後までブログを読んでいただきありがとうございます。
これからも日本酒についての記事を書いていきますのでブログシェアお願いいたします。

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ