菊【きく】~大工場ではできない丁寧な酒造り~株式会社虎屋本店

栃木県宇都宮市の市街地に蔵を構える株式会社虎屋本店。

天明8年に日光街道筋に誕生したこの酒蔵は、飲み手に寄り添える日本酒を目指し、日々丁寧に酒を醸しています。

仕込み水として使用されるのは、宇都宮七水の一つにも数えられた銘水、「虹の井」の水です。

 

株式会社虎屋本店

株式会社虎屋本店株式会社虎屋本店は、天明8年(1788)に創業しました。

かつては多くの造り酒屋が集まる地域に誕生した蔵でしたが、現在では、宇都宮の日光街道に現存する唯一のものです。

虎屋本店の蔵が建つ場所は、現在は市街地の真ん中となっています。

ここは、昔から宇都宮七水という上質な水源を持つ土地でした。

初代が、この銘水の一つ「虹の井」を使って酒造りを始め、現在に至ります。

初代は近江の国の出身だったため、滋賀を発祥とする酒蔵「江州店(ごうしゅうだな)」の一つとされています。

現在は、栃木県で普及した「下野杜氏」の資格を持つ天満屋徳杜氏の手によって、すみずみまで心を配った丁寧な酒造りが行われています。

大量生産では難しい、飲み手に寄り添った一本は、みずみずしくもきめ細かい味わいです。

その実績は、平成以降の全国新酒鑑評会で金賞を受賞すること7回、栃木県清酒鑑評会においても県知事賞一位に輝いています。

2017年ではIWC(インターナショナルワインチャレンジ)の純米大吟醸の部においてリージョナルトロフィーを受賞しました。

蔵を代表する「菊」の銘柄は、夏目漱石が詠んだ酒句を由来としています。

松山時代から幾度となく酒に関する句を詠んでいましたが、そのなかにたびたび登場した「菊」にあやかったものです。

株式会社虎屋本店
栃木県宇都宮市本町4-12

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
株式会社虎屋本店

 

おすすめの日本酒

菊 大吟醸虎屋本店を代表するのは「菊 大吟醸」です。

2016年に栃木県清酒鑑評会で一位の他、数々の賞を受賞した実力のある酒です。

杉の小箱を使用しての麹造り、醪の長期低温発酵と、杜氏が技術の全てを込めて醸しました。

原酒の持つ深みのあるコクの味わいと、鼻孔をくすぐる華やかな香りは、飲んでいるだけでも心がやわらいでいくようです。

 

日本酒Data

銘柄: 菊 大吟醸
特定名称: 大吟醸酒
使用米: 山田錦
精米歩合: 40パーセント
日本酒度: +2.0
酸度: 1.2
アルコール度数: 18.1度

香り  弱・・・★・強
コク  薄・・・★・濃
キレ  弱・・★・・強
味わい 甘口・・★・・辛口

 

美味しい飲み方

湯波刺し雪冷えから涼冷えあたりの温度帯(5℃~15℃)でいただくと、香りを損なうことなく、ほのかな甘味とコクが堪能できます。

合わせたい料理は、やさしい味わいの食材を使用したものです。

旬の野菜や刺身を、日光の湯波で巻き込んで、一献楽しんでみてください。

一緒に頂くことで酒の香りを引き立てます。

思わず飲む手が止まらなくなるかもしれません。

 

その他おすすめの酒

虎屋本店のもう一つのおすすめは、栃木県で栽培された五百万石のみで醸した「菊 純米酒(純米酒)」です。

引き出された米の旨味は、すっきりとキレが良い風味を楽しませてくれます。

冷やでキュッと一杯いただくか、ぬる燗でじっくり味わうと良いでしょう。

 

菊【きく】~大工場ではできない丁寧な酒造り~ まとめ

虎屋本店は、すっきり飲みやすく味のある酒を目指しています。

丁寧に醸し、すっきりと飽きない味で日常に寄り添い、華やかな香りの上品な一本は特別な一日に寄り添います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Kitagawa

最後までブログを読んでいただきありがとうございます。
これからも日本酒についての記事を書いていきますのでブログシェアお願いいたします。

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ