磯自慢【いそじまん】~妥協なき品質の追及が生んだ極上酒~磯自慢酒造株式会社

日本酒の消費量が低迷したバブル期。

磯自慢酒造が、生き残りを賭けて挑んだのは、高品質の酒造りでした。

銘酒「磯自慢」を醸すために、伝統の技を継ぐことはもちろん、新たな技術の導入や投資にも惜しむことがありません。

 

磯自慢酒造株式会社

磯自慢酒造天保元年(1830)年に創業を開始した、磯自慢酒造は、静岡県焼津市に蔵を構えています。

バブル期に、経営方針を高品質の酒造りへと切り替え、現代でも名高い銘酒として「磯自慢」を伝えてきました。

伝統的な酒造りを守りつつ、新たな技術の追求に余念がない蔵元は、原料から設備までこだわりを見せています。

仕込み水は、南アルプスの白峰三山や間ノ岳から流れる軟水を使用、高い水質を誇ります。

酒米は、兵庫県特A地区産の山田錦など、厳選されたものです。

設備の面では、ステンレス張りの冷蔵仕込み室や、貴重な酒造機器も導入して品質の向上を目指しています。

酒造りの工程で最も重視されているのは、洗米

余分なぬめりを洗い、秒単位で限定吸水させる徹底ぶりです。

そうすることで、蒸し上がりの米の香りが高まり、酒米本来の味を酒に閉じ込めやすくなります。

自社保存酵母などを使った手作りの麹や、その後の仕込み作業の良し悪しも、すべて徹底した洗米作業があってのことです。

日本酒造りを極める努力を欠かさず、仕上げた酒は、高い評価を受けるものになりました。

2008年の洞爺湖サミットや2016年のG7シェルパの乾杯酒として選ばれ、IWC2014のSAKE部門においても最高賞を受賞しています。

高品質を追及した磯自慢の酒は、バブル期を乗り越えるだけでなく、いまや海外でも知られる一本となっています。

磯自慢酒造株式会社
静岡県焼津市鰯ケ島307

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
磯自慢酒造株式会社

 

おすすめの日本酒

磯自慢 純米吟醸 1800ml 磯自慢酒造株式会社磯自慢を代表する一本は、「磯自慢 純米吟醸」

30年ほど前に誕生したものです。

マイナス85℃で保存した、自社保存酵母を使用しています。

酵母造りに必要とした時間は、65~70時間あまり。

手間をかけて仕込まれています。

マスクメロンを連想させる芳醇な香りと、きれいで丸みのある味わいが特徴的です。

喉ごしも良く、心地よい余韻が後に残ります。

 

日本酒Data

銘柄: 磯自慢 純米吟醸
特定名称: 純米吟醸酒
使用米: 山田錦
精米歩合: 麹米・酒母米・50%、掛米55%
日本酒度: +4.0
酸度: 1.2
アルコール度数: 15.9度

香り  弱・・・★・強
コク  薄・・★・・濃
キレ  弱・・・★・強
味わい 甘口・・★・・辛口

 

美味しい飲み方

生しらすと桜えびの海鮮丼適度に冷やして、低い温度帯でいただくと、きれいな味わいが際立ちます。

「磯自慢」ならではの美味しさを体感しましょう。

地元の焼津港で水揚げされる、海の幸で飲みたい一本。

釜揚げしらすに、桜えび、まぐろ尽くしなど、料理を決めるだけでも一苦労しそうな豊富さです。

どれを選んでも、「磯自慢」が美味しいことには変わりはありません。

フルーツとの相性も良かったのは盲点でした。

 

その他おすすめの酒

「磯自慢 大吟醸 一滴入魂(大吟醸酒)」は、磯自慢シリーズの中でも人気の高い銘柄です。

パッションフルーツのような甘酸っぱい香りと、上品な旨味が軽やかに舌の上で踊ります。

「磯自慢」を知りたい方におすすめです。

 

蔵元最高級

「中取り 純米大吟醸 35Adagio(純米大吟醸酒)」は、「中取り 純米大吟醸35」を少量取り分け、熟成させて出来上がります。

最高品質の状態に達したものしか蔵出しされないため、「Adagio」を冠する酒が出ない場合も。

まろやかさと深みに磨きがかかった一本。

 

磯自慢【いそじまん】~妥協なき品質の追及が生んだ極上酒~ まとめ

妥協することなく高品質の酒を醸し続けた磯自慢酒造は、現在では静岡県焼津市に残る唯一の酒蔵となりました。

世界にも認められた極上の酒への追求は、今日も続きます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Kitagawa

最後までブログを読んでいただきありがとうございます。
これからも日本酒についての記事を書いていきますのでブログシェアお願いいたします。

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ