天山【てんざん】~原料米を突き詰めて造り上げた銘酒~天山酒造株式会社

佐賀県の中央で、天山山脈と源氏ボタルの舞を背景に佇むは、天山酒造株式会社。

旨い酒を醸すには、上質の原料米が不可欠と、酒米栽培技術を突き詰める酒蔵です。

地元米農家と、酒米栽培研究会までをも立ち上げ、極上の銘酒「天山」を醸します。

 

天山酒造株式会社

天山酒造天山酒造を営む七田家は、もとは佐賀県小城市に流れる祇園川で、製粉・製麺業に携わってきた家系でした。

明治8年(1875)に、縁あって酒蔵を購入したことが、酒造業を始めるきっかけとなったと伝えられています。

創業時に掲げられた、「品質第一の酒造り」の理念は、6代目蔵元の代になっても変わることはありません。

旨い酒造りを目指し、とことん突き詰めていくと、そこには必ず上質の原料米の存在があるのだそうです。

こだわりの原料米を手に入れるため、酒米の品質向上に対する、さまざまな取り組みを実現させる天山酒造。

平成17年に立ち上げた「天山酒米栽培研究会」は、その最もたるものです。

地元米農家と協同で、「山田錦」の栽培に関する勉強会や技術の研鑽が行われました。

研究会のメンバーが栽培した山田錦は、現在では一部の酒に使用されています。

仕込み水は、日本の名水百選にも選ばれた天山山系の伏流水。

鉄分を含まない硬水は、キリッとした味わいの酒を生み出す、理想的な水質です。

上質の原料米と仕込むことで、全国新酒鑑評会のみならず、Kura Master、IWC、全米日本酒歓評会の受賞酒が次々と誕生しました。

また、天山酒造で毎年開催される「人・米・酒プロジェクト」では、米作りから酒の仕込みまでを体験することができます。

世界に一本だけのマイ日本酒を手に入れたい方には、必見のイベントです。

天山酒造株式会社
佐賀県小城市小城町岩蔵1520

 

酒蔵見学

天山酒造酒蔵見学天山酒造では、酒蔵見学が可能です。

国の有形文化財として登録された蔵の内部で、酒造りの様子や、試飲などを楽しんでください。

販売店で、お土産の購入もできますよ。

開館時間: 10時~16時
休館日: 日曜・祝日(土曜日休館の場合有り)
見学料: 無料
予約: 電話にて要予約

公式HPはこちら

 

おすすめの日本酒

天山純米大吟醸「愛山」幻の酒米34磨き天山ブランドの中でも高い人気を誇る「天山 愛山34(純米大吟醸)」

幻の酒米と注目される「愛山」を34%まで磨き、熊本酵母「KA-4」で仕込んでいます。

食中酒としても堪能できます。

白桃のような繊細な旨味と、すっきり感じる爽やかな酸味は、愛山と熊本酵母の出会いがあればこそ。

 

日本酒Data

銘柄: 天山 愛山34
特定名称: 純米大吟醸酒
使用米: 愛山
精米歩合: 34パーセント
日本酒度: ±0
酸度: 1.6
アルコール度数: 16度

香り  弱・★・・・強
コク  薄・・・・★濃
キレ  弱・★・・・強
味わい 甘口・・★・・辛口

 

美味しい飲み方

バーニャカウダー白ワインのように楽しめる純米大吟醸酒。

冷蔵庫で冷やしてからいただくと、繊細な味わいにハッと驚くことができます。

薄味の料理と一緒に飲むと、素材の味も酒の味も膨らんでいきます。

定番を狙うなら、白身魚の刺身が良いでしょう。

小城市の味の濃い野菜を、バーニャカウダーに仕立てて合わせてみるのも面白いです。

 

その他おすすめの酒

「純天山(特別純米酒)」は、原料米にこだわる天山酒造自慢の一本。

佐賀産の酒米「佐賀の華」から生まれました。

米の旨味と酸味のバランスが絶妙と評判で、燗酒としても高い評価を集めています。

 

天山【てんざん】~原料米を突き詰めて造り上げた銘酒~ まとめ

品質第一の酒を求める想いから、原料米作りに辿り着いた天山酒造。

造り手の想いと技も組み込んで、こだわりの米を、極上の酒に仕立てます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Kitagawa

最後までブログを読んでいただきありがとうございます。
これからも日本酒についての記事を書いていきますのでブログシェアお願いいたします。

コメントを残す

スポンサードリンク

このページの先頭へ