髙波【たかなみ】~地元塩尻市で長年愛される地酒~合資会社丸永酒造場

交通の要所であり、かつて数多くの宿場で賑わった長野県塩尻市。

創業以来、この地域で長く愛されている酒は、合資会社丸永酒造場が醸す高波ブランドです。

日々の醸造技術の研究と丁寧な手造りで、全国新酒鑑評会で金賞を多数受賞している、実力ある酒です。

 

合資会社丸永酒造場

丸永酒造場信州松本平の南端に位置する、塩尻市(旧広丘村高出)に、明治4年(1872)に誕生したのが丸永酒造場です。

稲穂がなびく田園地帯で、創業当時より地元消費に徹し、地元で愛される酒を醸してきました。

創業当時の銘柄は「永楽正宗」を使用していましたが、昭和9年に全国酒類鑑評会で入賞した折に、商標登録の関係で「高波」という銘に改称しました。

塩尻市の旧地名である高出に因んで名付けられたものです。

丸永酒造場は、明治生まれの歴史ある蔵元ですが、醸造技術の研究にも余念がありません。

革新的な技術も取り入れつつ、伝統の技の継承も大切にしています。

原料処理や麹造りは、手造りにこだわることで濃醇な味わいを引き出し、普通酒であろうとかける手間を惜しまない酒造りを行っています。

高い品質を目指して丁寧に仕込まれた酒は、高いクオリティを誇ります。

全国新酒鑑評会での金賞、関東信越国税局酒類鑑評会「純米の部」での優秀賞など、数え切れないほどの受賞歴があります。

さらに、高品質の農産加工品のみに与えられる、長野県原産地呼称管理制度認定酒にも選ばれています。

過去に、公的な清酒品評会で三賞を総なめにし、長野県酒造組合にて表彰されていることも、丸永酒造場の実力を物語っています。

長年愛される酒ならではの実績です。

合資会社丸永酒造場
長野県塩尻市広丘高出840

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
合資会社丸永酒造場

 

酒蔵見学

丸永酒造場丸永酒造場では、11月から3月の期間に、酒蔵見学を実施しています。

興味がある方は、電話またはメールにて事前予約を行なうことができます。

電話番号やメールアドレスは、こちらの公式HPにてご確認ください。

また、直営店もありますので、こちらで高波ブランドを購入することが可能です。

営業時間: 8時30分~17時まで
定休日: 土日・祝日

 

おすすめの日本酒

高波 大吟醸 1800ml高波ブランドで真っ先におすすめしたい酒は、全国新酒鑑評会で金賞に輝いた「髙波 大吟醸原酒」です。

39%まで磨いた山田錦を、長期低温発酵で丁寧に醸して出来上がった名酒です。

一口含むだけで、華やかな吟醸香と、雑味のないクリアな味わいが楽しめます。

すっきりとしたキレも魅力的な一本に仕上がっています。

 

日本酒Data

銘柄: 髙波 大吟醸原酒
特定名称: 大吟醸酒
使用米: 山田錦
精米歩合: 39パーセント
日本酒度: +2.0
酸度: 1.3
アルコール度数: 17度

香り  弱・・・・★強
コク  薄・・★・・濃
キレ  弱・・・★・強
味わい 甘口・・★・・辛口

 

美味しい飲み方

山賊焼常温で飲むと旨いと評判ですが、やや冷たくした状態でも美味しく飲めます。

すっきりとした風味が際立つのでおすすめです。

すっきり風味を生かすために、合わせたいのがこってりとした味付けの料理。

長野県塩尻市の郷土料理「山賊焼」は、鶏もも肉を、ニンニクや玉ねぎの効いた醤油に漬け込んで揚げた一品なので、理想的なコンビネーションで酒の良さが引き立ちます。

 

その他おすすめの酒

「髙波 純米酒(純米酒)」は、精米歩合65%の美山錦で仕込んだ、コクのある辛口の純米酒です。

ぬる燗にすると、味わいにまるみが出て、また違う魅力が生まれます。

じっくりと旨味を感じた後に、すっきりとした後味で締めてくれる一本です。

 

髙波【たかなみ】~地元塩尻市で長年愛される地酒~ まとめ

地元に愛される酒を造ること目指し、信州の地酒としての地位を築いた丸永酒造場。

精進を重ねたその酒は、明治の創業から、今もなお高い評価を受け続けています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Kitagawa

最後までブログを読んでいただきありがとうございます。
これからも日本酒についての記事を書いていきますのでブログシェアお願いいたします。

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ