達磨正宗【だるままさむね】~色も味わいも個性的な熟成古酒造りの雄~合資会社白木恒助商店

「達磨正宗」と言えば古酒の蔵元。

ワインなどの外国の酒や、大量生産の日本酒が台頭し始めた時代に、古酒に社運を賭けました。

手間も時間もかけて熟成させた合資会社白木恒助商店の酒は、山吹色に琥珀色、美しい色合いと独特の味わいが自慢です。

 

合資会社白木恒助商店

合資会社白木恒助商店白木恒助商店は、天保6年(1835)の創業。

現在も蔵を構える、岐阜県岐阜市で酒造業を営んできました。

「達磨正宗」の銘が誕生したきっかけは、1891年に起きた濃尾地震にあります。

蔵の倒壊に直面するも、先達の努力と周囲の支援によって復興。

その苦難に負けない心を、七転び八起きする達磨に因んで名付けられました。

日本酒を熟成させる古酒造りに取り組み始めたのは、1971年からのこと。

6代目蔵元が、大量生産の日本酒に負けぬよう、蔵独自の酒造りを模索した末に辿り着いた道です。

古酒の醸造方法についての記録がない中、手探りの状態で試行錯誤を続け、現在の「達磨正宗」が完成しました。

社運を賭けて取り組んだ結果、今では「達磨正宗」といえば「古酒の蔵」と答えが返ってくるほど、古酒造りに特化した酒蔵となっています。

白木恒助商店が醸す古酒は、色合いや味わいに独特の個性を持ちます。

米の旨味を溶かし込んだ酒を、さらに熟成させることによって、山吹色から真紅といった濃い色合いへと変化します。

また、じっくりと時間をかけることで、濃醇で深い味わいを纏うようなります。

「達磨正宗」以外では味わえない、逸品揃いの古酒ですが、中でも注目したいのは海中熟成酒プロジェクトで醸された一本。

南伊豆の海底15メートルで熟成させた酒は、波の揺りかごの中で目覚めの時を待っています。

合資会社白木恒助商店
岐阜県岐阜市門屋門61

合資会社白木恒助商店
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

 

酒蔵見学

達磨正宗酒蔵見学達磨正宗では、酒蔵の見学も受け付けています。

昭和の酒が、静かに眠る様子を見に行ってみましょう。

また、併設するギャラリー(きき酒室)では、さまざまな古酒に舌鼓を打つことができます。

もちろん、購入もこちらで。

営業時間: 9時~17時30分
定休日: 日曜日・祝日
予約: 酒蔵見学は事前予約を推奨します。
ギャラリーでのきき酒は予約不要。

お問い合わせなどは、公式HPから

 

おすすめの日本酒

達磨正宗を代表するのは、「清酒 達磨正宗 1979(昭和54年)ビンテージ古酒」

実に38年もの時間をかけて熟成されたビンテージの一本は、イギリスのIWCゴールドメダルを受賞しています。

味わいも色も、とろりとした印象の酒。

口に含むと、繊細でなめらかな舌触りと、甘く重厚な旨味が感じられます。

光を受けて輝く、濃いトパーズの色合いも美しい酒です。

 

日本酒Data

銘柄: 清酒 達磨正宗 1979(昭和54年)ビンテージ古酒
特定名称: 純米酒
使用米: 日本晴
精米歩合: 70パーセント
日本酒度:
酸度:
アルコール度数: 17~18度

香り  弱・・★・・強
コク  薄・・・・★濃
キレ  弱★・・・・強
味わい 甘口★・・・・辛口

 

美味しい飲み方

ドライフルーツ低温でも燗でもなく、常温で飲んでほしい一本。

グラスに注いで、ゆったりと、色合いと深い味わいを堪能しましょう。

洋酒のように楽しめる古酒なので、ナッツやドライフルーツ類といった、日本酒としては斬新な組み合わせができます。

ナツメヤシ(デーツ)のドライフルーツとの相性が抜群です。

チョコレートや、チーズ類も捨てがたい。

 

 

その他おすすめの酒

「達磨正宗 十年古酒」

蔵元が「達磨正宗の王道」と自負する酒です。

色合いは、透き通るトパーズ。

10年熟成させた古酒を、ブレンドすることで生まれた一本は、ドライ感が持ち味です。

膨らみのある香りと甘味のバランスが楽しく、温度帯によって異なる魅力があります。

「達磨正宗 熟成三年」

こちらは、熟成3年以上の酒をブレンドしたものです。

初めて「達磨正宗」の魅力に触れる人に勧めたい一本。

山吹色が目にも美しく、深いながらもすっきりとした飲みくちで、熟成酒初心者でもグイグイいけます。

 

達磨正宗【だるままさむね】~色も味わいも個性的な熟成古酒造りの雄~ まとめ

吸い込まれるような色合いが美しい、「達磨正宗」の古酒。

その味わいは、熟成酒にうるさい海外の人々も魅了する程の美味しさを誇ります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Kitagawa

最後までブログを読んでいただきありがとうございます。
これからも日本酒についての記事を書いていきますのでブログシェアお願いいたします。

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ