神亀【しんかめ】~純米酒に一家言持ち純米酒だけを造る~神亀酒造株式会社

神亀酒造仕込む酒のすべてを純米酒とすることに成功した、日本初の酒蔵が神亀酒造株式会社です。

山田錦や五百万石といった高級酒米をふんだんに使用するほか、有機農法米を用いた酒造りにも取り組んでいます。

神亀ならではの、米の旨さを味わい尽くせる酒を醸します。

 

神亀酒造株式会社

神亀酒造創業は、嘉永元年(1848)と歴史ある酒蔵です。

特筆すべきは、昭和62年(1987)に、戦後の日本で初めて、純米酒のみの生産に切り替えた点でしょう。

量を重視していた当時の日本酒産業界においては、異色の試みでした。

純米酒では、アルコール添加による調整がなされず、純粋に米と水だけの勝負となります。

それだけに、神亀酒造が米に妥協することはありません。

「酒は米から」を信念として、複数の契約農家から良質の米を仕入れています。

有機栽培の酒米も、その一つです。

こだわりの米を仕込むのは、地下160メートルから汲み上げられる秩父系荒川の伏流水です。

硬質の水から醸された純米酒は、しっかりとした辛口となり、最高の食中酒としてのポテンシャルを秘めています。

火入れした後に長期熟成させるのも、神亀酒造の純米酒の特徴です。

最低2年以上寝かせることで、米の旨味とコクが増した一本が出来上がります。

また、純米酒をベースとした、活性にごり酒、無濾過生酒、長期熟成酒などのバリエーションに富んだ酒も造っています。

多彩な純米酒の可能性においても、追求に余念がありません。

社名としても使用されている、代表銘柄の「神亀」は、神の使いである亀にちなんだもの。

かつて酒蔵の裏にあった天神池に棲んでいたとされています。

 

神亀酒造株式会社
埼玉県蓮田市馬込3-74

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
神亀酒造株式会社

 

おすすめの日本酒

埼玉県 神亀酒造 ひこ孫【ひこまご】 純米 1800ml神亀酒造のこだわりである、良い米の味わいと、熟成を体現したのが「ひこ孫 純米」です。

酒米は、徳島県阿波町産の山田錦で、熟成期間は3年以上となります。

「ひこ孫」は曾孫を意味する言葉で、神亀酒造では3年以上熟成させた酒に、この銘を与えます。

濃厚なコクと、しっかりとした味わいが感じられるこの純米酒は、人生の荒波を乗り越える大人におすすめしたい一本です。

 

日本酒Data

銘柄: ひこ孫 純米
特定名称: 純米酒
使用米: 山田錦
精米歩合: 55パーセント
日本酒度: +6.0
酸度: 1.7
アルコール度数: 15.5度

香り  弱・★・・・強
コク  薄・・・・★濃
キレ  弱・・・・★強
味わい 甘口・・・・★辛口

 

美味しい飲み方

熱燗ひこ孫をいただくのなら、季節を問わず、ぜひ熱燗でいってください。

しっかりとした芯の強さと、深い旨味に引き込まれること間違いなしです。

キレある口当たりの辛口酒なので、濃いめの味付けの一品と合わせると、何杯でも酒がすすみます。

脂ののったウナギは白焼きで、力強い味の地鶏はシンプルに塩のみで、食中酒としてのポテンシャルを味わいましょう。

 

その他おすすめの酒

もう一つの定番酒は、熟成期間2年の「神亀 純米(純米酒)」です。

とことん手間がかけられた酒なので、純米酒の本来の旨さが楽しめます。

こちらも熱燗でいただくこと推奨です。

 

蔵元最高級

「ひこ孫 純米大吟醸(純米大吟醸酒)」は、淡い琥珀色が美しい蔵元最高級酒です。

3年以上熟成させることによって、芳醇な香りと、米の旨味を凝縮した味わいが自慢です。

40℃ほどのぬる燗でいただくと、より深い味わいとなります。

 

神亀【しんかめ】~純米酒に一家言持ち純米酒だけを造る~ まとめ

基本に忠実に、正統な日本酒を造り続ける神亀酒造の名は、日本酒ファンであれば一度は耳にすることでしょう。

旨い純米酒を飲みたいのであれば、まずは神亀を選ぶべし。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Kitagawa

最後までブログを読んでいただきありがとうございます。
これからも日本酒についての記事を書いていきますのでブログシェアお願いいたします。

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ