ほしいずみ~愛知の酒どころが生んだ実力派~丸一酒造株式会社

知多半島のほぼ中心に位置する阿久比町。

阿久比米と蛍の里と呼ばれるように、良い米と水に恵まれた酒どころとしても有名です。

そこに蔵を構えるのは丸一酒造株式会社。

銘酒「ほしいずみ」を、昔ながらの手法で醸す、実力ある蔵元です。

 

丸一酒造株式会社

丸一酒造大正6年(1917)創業の丸一酒造株式会社は、知多半島の阿久比町に蔵を構えています。

知多は古くから醸造業が盛んで、江戸時代後期から明治時代初期にかけての最盛期には、灘に次ぐ酒どころとしても名を馳せた土地でもあります。

阿久比町は、良質の水と米の産地としても有名です。

地域の名を冠した阿久比米は、味が良いことで知られています。

また、蛍の里と言われるように、清らかな名水が湧く地でもあります。

丸一酒造の酒は、自然に恵まれた風土の中で、30代の若き杜氏・神谷尚宏氏を中心に醸されています。

小さい蔵ながらも、昔ながらの製法で手仕込みされた酒は、平成20年度から連続で全国新酒鑑評会金賞を受賞する実力があります。

さらに、越後流酒造技術選手権大会においては、最高賞の新潟県知事賞を2回受賞。

名古屋国税局酒類鑑評会純米部門では、優等賞を11回連続受賞。

数え上げるとキリがないほどの受賞歴を誇ります。

代表銘柄は、「ほしいずみ」

仕込み水の井戸に映る、夜空の星から名付けられました。

もとは「星泉」と表記されていましたが、親しみのある名称にしたいという現蔵元の想いから、現在の「ほしいずみ」へと変わったと言われています。

また、銘柄「冠勲」も、「ほしいずみ」と同様に創業当時から受け継がれてきた銘酒。

名古屋国税局酒類鑑評会で優等賞を受賞した一本です。

丸一酒造株式会社
愛知県知多郡阿久比町植大西廻間11

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
丸一酒造株式会社

 

酒蔵見学

酒蔵丸一酒造の酒蔵は、冬期の見学が随時受け付けとなっています。

見学希望人数や日時については、事前連絡が必要なので、以下の電話番号で予約をしておきましょう。

丸一酒造株式会社
TEL:0569-48-0003

定休日は日曜日となっていますので、ご注意ください。

 

おすすめの日本酒

ほしいずみ 純米大吟醸 滔々 瓶 1800ml [愛知県]「ほしいずみ 大吟醸 滔々(とうとう)」が、丸一酒造おすすめの一本です。

愛知県の清酒きき酒研究会において、愛知県知事賞にも選ばれました。

精米歩合40%の高級酒米山田錦を使用しています。

ふわりと華やかに香る吟醸香と優しい甘味、なによりコクのある純粋な米の旨味が美味しい純米大吟醸酒です。

 

日本酒Data

銘柄: ほしいずみ 純米大吟醸 滔々(とうとう)
特定名称: 純米大吟醸酒
使用米: 山田錦
精米歩合:
日本酒度: +1.0
酸度: 1.3
アルコール度数: 16~17度

香り  弱・・・★・強
コク  薄・・・★・濃
キレ  弱・・★・・強
味わい 甘口・★・・・辛口

 

美味しい飲み方

ステーキ燗よりも冷やで飲むこと推奨。

上品な香りもそのままに、キリッと引き締まった味わいになるのが印象的です。

キリッとした純米大吟醸酒なので、こってりとした一皿と合わせてみると良いでしょう。

「知多牛」と呼ばれるブランドビーフがあるので、ジューシーに焼き上げた厚切りステーキと一緒に飲み進めていきましょう。

 

その他おすすめの酒

「純米ほしいずみ(純米酒)」は、愛知県産の酒造好適米「若水」と「祭り晴」を使用して醸した、少し辛口の純米酒です。

冷やで飲んでも美味しいですが、ぬる燗にすると旨味の余韻に浸れるので、ぜひお試しください。

 

ほしいずみ~愛知の酒どころが生んだ実力派~ まとめ

丸一酒造は、酒どころ知多にふさわしい実力のある蔵。

代表銘柄「ほしいずみ」で、平成20年度から現在まで、全国新酒鑑評会9年連続の金賞受賞記録を更新中です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Kitagawa

最後までブログを読んでいただきありがとうございます。
これからも日本酒についての記事を書いていきますのでブログシェアお願いいたします。

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ