越乃寒梅【こしのかんばい】~淡麗辛口の酒を世に知らしめた酒蔵~石本酒造株式会社

銘酒「越乃寒梅」を醸す石本酒造のモットーは、「酒造りを極める」こと。

3倍醸造酒が主流であった時代、甘口の酒が好まれる中、正反対の路線を行く酒を造り始めました。

淡麗辛口の旨い酒を、先駆けて世に送り出した酒蔵です。

 

石本酒造株式会社

石本酒造新潟県を代表する酒蔵、石本酒造株式会社は、明治40年(1907)の創業です。

初代・石本龍蔵が、現在の新潟市北山に蔵を構えたことから始まりました。

良水に恵まれた、雪深い地域は、酒造りのために存在しているようでもあります。

石本酒造の特殊な点は、2代目蔵元の石本省吾氏の時代に、あえて淡麗辛口の酒造りを行なったことにあります。

3倍醸造酒が主流で、甘口が好まれる中、正反対の路線を突き進んだのです。

儲けに走らず、旨い酒を造り続けた石本酒造が全国的に有名になったのは、昭和40年代のことです。

随筆家の佐々木久子が編集長を務めていた雑誌「酒」で、「越乃寒梅」が取り上げられ、地酒ブームを牽引する酒のひとつとなりました。

代表銘柄の「越乃寒梅」は、初春の残雪の中に咲く梅の花をもとに名付けられたものです。

石本酒造の蔵がある地域は、江戸時代からの梅の名産地であったため、美しい梅の花が咲き乱れていた場所でもありました。

創業以来、良質な水と厳選した酒米で「酒造りを極める」ことをモットーとして、量より質を重視してきました。

石本酒造

蔵で醸された酒は、米本来の旨味が濃縮された、淡麗辛口です。

料理の味を引き立てる食中酒としても、最高のパフォーマンスを演じます。

直営レストラン「きた山」では和食との組み合わせを、「越乃寒梅Manjia」ではフレンチを始めとした洋とのコラボで、越乃寒梅の可能性が堪能できます。

石本酒造株式会社
新潟県新潟市江南区北山847-1

 

おすすめの日本酒

越乃寒梅 特撰 吟醸 1800ml越乃寒梅といえば、「越乃寒梅 特撰」を必ず試しておきましょう。

兵庫県産山田錦を、50%まで磨いて仕込んだ吟醸酒は、全米日本酒歓評会で金賞を受賞しています。

ふわりと漂う優しい香りに、きれいな旨味が加わって、ついつい引き込まれてしまう一本です。

爽やかな後味も相まって、食中酒にすると箸も進みます。

 

日本酒Data

銘柄: 越乃寒梅 特撰
特定名称: 吟醸酒
使用米: 山田錦
精米歩合: 50パーセント
日本酒度: +7.0
酸度: 1.1
アルコール度数: 16.6度

香り  弱・★・・・強
コク  薄・・・★・濃
キレ  弱・・・★・強
味わい 甘口・・・★・辛口

 

美味しい飲み方

フランス料理常温でもぬる燗でも、繊細な旨味が感じられます。

夏の間は、少し冷やした温度帯で飲むのもおすすめです。

食中酒としてのパフォーマンスも高いので、どんな料理でも味わいを引き立ててくれます。

和食との相性が良いのは分かりきったことですが、フレンチに合わせても申し分ないのは、石本酒造の直営レストランでも証明済みです。

 

その他おすすめの酒

越乃寒梅の淡麗辛口の真骨頂は、「越乃寒梅 別撰(特別本醸造酒)」で堪能できます。

低温で熟成させた一本は、口にふくむと旨味が広がります。

軽快に、すっきりと旨い酒を楽しみたいときに飲んでもらいたい酒です。

 

蔵元最高級

石本酒造が極めた一本とも言える「越乃寒梅 超特撰(大吟醸酒)」は、蔵元最高峰の酒です。

上品な香りの後に、なめらかな味わいが喉に滑り落ちていく、贅沢な大吟醸酒。蔵元のこだわりが詰め込まれています。

 

越乃寒梅【こしのかんばい】~淡麗辛口の酒を世に知らしめた酒蔵~ まとめ

高い知名度を誇る「越乃寒梅」の銘は、日本酒初心者であっても、一度は耳にしたことがあると思います。

歴代の蔵元が、真摯に酒造りに励んできた結果なのでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Kitagawa

最後までブログを読んでいただきありがとうございます。
これからも日本酒についての記事を書いていきますのでブログシェアお願いいたします。

コメントを残す

スポンサードリンク

このページの先頭へ