金水晶【きんすいしょう】~地元の水と米と風土を一体化させた酒造り~有限会社金水晶酒造店

金水晶奥州街道・奥の細道沿いに佇む有限会社金水晶酒造店。

金水晶酒造店の酒造りは、地元の一体化。地元水晶沢の水と福島市の米を、地元出身の杜氏が仕込みます。

そうして、できあがった酒には、地元の良さすべてが詰め込まれているのです。

その酒の旨さは、全国新酒鑑評会8年連続受賞の経歴が証明しています。

 

有限会社金水晶酒造店

金水晶酒造有限会社金水晶酒造店の斎藤家は、伊達政宗に仕えた武士の家系。

奥州街道で旅籠を営んでいましたが、明治維新の影響で酒造りを始めることに。

明治28年(1895)に、初代・金次郎によって創業が開始されました。

社名の「金水晶」の由来は、地元にあった金鉱脈から水晶沢へと流れ込む湧水にちなんだもの。

その水質は極上で、明治天皇行幸の際に献上されたほどの名水です。

現在の蔵元は3代目、福島酒造組合長などの経歴を持ち、福島県産の日本酒の普及に力を注ぎました。

地元福島と一体化した酒造りを行っていて、目指す酒は、地域の風土と合ったもの。

福島市で採れた米と水晶沢の水で酒を仕込むのは、やはり地元福島出身の杜氏と蔵人です。

酒造りの技術に優れ、繊細な管理で酒の旨さをじっくりと引き出します。

醸し出された酒は、全国新酒鑑評会で8年連続金賞を獲得。

また、福島産の酵母と米を使った酒では、平成25年の福島県春季鑑評会「夢の香」部門で、最高位の県知事賞を受賞しています。

さらに、「うまし、うつくし」を合言葉にした、「福島の逸品」でブランド認証も受けています。

 

有限会社金水晶酒造店
福島県福島市松川町字本町29

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
日本、〒960-1241 福島県福島市松川町本町29

 

金水カップ

金水カップ金水晶の200ml入り、通称「金カップ」。

特徴は、カップに描かれた吾妻小富士と雪うさぎです。

東北本線で北上して、二本松、安達太良山、そして吾妻小富士。

早春のころ訪ねると、その斜面にうさぎのような形の残雪が見られます。

「吾妻小富士の雪うさぎ」とも、「種まきうさぎ」とも呼ばれて、地元の人々に親しまれています。

雪うさぎの訪れは、苗代に種をまき始める合図なのだとか。

金水晶の酒を造る、大事な水と米にも関係の深い図柄ですね。

カップ酒のコレクターも見逃せない一品です。

原材料名: 米(国産)、米こうじ(国産米)、醸造アルコール
アルコール度数:15度
200ml詰

 

おすすめの日本酒

金水晶大吟醸「金水晶 大吟醸」は、手間を惜しまず低温発酵で丁寧に仕込まれた蔵元自慢の銘酒。

果実のように華やかで芳醇な香りが特徴的です。

口に含むと雑味のない、すっきりとした飲み口が楽しめます。

飽きることなくぐいぐい飲める一本です。

 

日本酒Data

銘柄: 金水晶 大吟醸
特定名称: 大吟醸酒
使用米: 山田錦
精米歩合: 40パーセント
日本酒度: +3
酸度: 1.1
アルコール度数: 15度

香り  弱・・・・★強
コク  薄・・★・・濃
キレ  弱・・・★・強
味わい 甘口・・・★・辛口

 

美味しい飲み方

鮎の塩焼き冷やでいただくと、芳醇な香りとすっきりとした味わいが堪能できます。

食中酒としてもいけるので、さっぱりとした味付けの料理と合わせるのがおすすめ。

サッパリッとした魚の塩焼きと合わせて飲むと、旨さ倍増。

いつまでも飲んでいられます。

 

その他おすすめの酒

金水晶 純米吟醸福島ブランドにこだわって作られた「金水晶 純米吟醸」。

福島県産の酒造好適米「夢の香」を、同じ福島県産の酵母で仕込んだ一本です。

芳醇な香りと、濃厚でやや辛口な味わいが楽しめます。

 

金水晶【きんすいしょう】~地元の水と米と風土を一体化させた酒造り~ まとめ

地元の水と米と風土を一体化させた酒造りがモットーの有限会社金水晶酒造店。

地元を愛し、全国新酒鑑評会8年連続金賞受賞という偉業を達成した酒蔵です。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Kitagawa

最後までブログを読んでいただきありがとうございます。
これからも日本酒についての記事を書いていきますのでブログシェアお願いいたします。

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ