天吹【あまぶき】~花の中にすんでいた酵母で造った日本酒~天吹酒造合資会社

イチゴにシャクナゲ、月下美人にアベリア、花屋のごときラインナップの正体は、銘酒「天吹」を醸す花酵母の数々です。

佐賀に蔵を構える天吹酒造の特徴は、花から採取した酵母で酒を醸すこと。

あふれる香味の日本酒が、飲み手を惹きつけてやみません。

 

天吹酒造合資会社

天吹酒造蔵の建物自体が国の有形文化財に登録されている、天吹酒造。

元禄年間(17世紀後半~18世紀前半)の創業から、約300年続く歴史ある酒蔵です。

現在も、11代目蔵元の木下壮太郎氏、杜氏として励む弟の大輔氏が、伝統の蔵を受け継いでいます。

天吹酒造と花酵母の出会いは、木下兄弟が東京農業大学に在学していたときのこと。

自然の花から分離させた酵母を使い、醸された酒を口にしたことがきっかけです。

花酵母で日本酒を造る、希少な蔵が誕生しました。

現在、同蔵で扱われている花酵母は、10種類以上。

イチゴ、ナデシコ、月下美人など、文字通り、華やかなラインナップとなっています。

アベリア自然からの贈り物とされる花酵母は、扱いが難しいため、扱いには細心の注意が必要となるそうです。

常に酵母と向かい合い、対話を欠かさず、旨い酒を仕込んでいきます。

そうして出来上がった銘酒「天吹」は、平成15年度から12年連続での全国新酒鑑評会入賞(金賞7回、銀賞5回)の実績を持ちます。

特に、アベリア花酵母を使用した「天吹 裏大吟醸 愛山」は、5年連続の金賞受賞歴を持つ一本です。

社名と銘柄に使用されている「天吹」の銘は、蔵の北東にそびえる天吹山に由来したもの。

山の麓で、花酵母によって醸される酒には、ロマンを感じてしまいます。

天吹酒造合資会社
佐賀県三養基郡みやき町東尾2894

 

酒蔵見学

天吹酒造酒蔵見学天吹酒造では、酒蔵見学を実施しています。

仕込み時期は、10月中旬頃から。

米の収穫が始まる時期です。

酒造りの様子は、11月から3月にかけて、じっくりと見学することができます。

造り期間中外でも、見学の申し込みは可能です。

プレミアム角打ちコース(500円)を申し込むと、大吟醸など、好きな種類の酒が試飲できるのでおすすめです。

また、「大吟醸とはどんなお酒?」「日本酒のかぐわしい香りはどこから?」といった、日本酒に関しての基本的な話や、「花酵母とは?」「なぜ花から酒になるのか?」のような花酵母の酒造りに関する疑問なども、担当者が丁寧に教えてくれます。

国の有形文化財に登録した、歴史的建造物の見学なども合わせて楽しんでください。

見学時間: ①10時~11時30分、②13時30分~16時
所要時間: 60分前後(試飲・買い物時間を含む)
定休日: 土日・祝日
予約: 公式HPまたは電話にて事前予約が必要(名前、人数、希望日時、連絡先を記入)

公式HP: お問い合わせフォーム
電話: 0942-89-2001 (9時~12時、13時~16時に対応)

 

おすすめの日本酒

天吹 生酛 純米大吟醸 雄町天吹酒造のおすすめは、伝統の生酛造りで醸された「天吹 生酛 純米大吟醸 雄町」

酵母作りから搾りに至るまで、約2ヶ月を必要とする、手間と時間がかかる一本。

自宅で熟成させる楽しみもあるので、よく寝かせて、味わいの深みを育ててみるのも良いでしょう。

口に含むと、シャクナゲ酵母が生み出す、芳しい香りと程よい甘味が心地よく広がります。

後味をキュッと引き締めてくれる酸味も魅力的です。

 

日本酒Data

銘柄: 天吹 生酛 純米大吟醸 雄町
特定名称: 純米大吟醸酒
使用米: 雄町
精米歩合: 40パーセント
日本酒度: +5.0
酸度: 1.8
アルコール度数: 16.5度

香り  弱・・・★・強
コク  薄・・・★・濃
キレ  弱・・・・★強
味わい 甘口・・・★・辛口

 

美味しい飲み方

ひれ酒おすすめの飲み方は常温で。

冷やすよりも味わいに深みが出ます。

35℃ほどの、人肌ていどに温めた燗も美味しいです。

上品な旨味と酸味が、肉や脂身のこってり感を引き締めてくれる酒です。

サシの入ったサーロインのステーキと合わせてみると、すっきりと楽しめます。

じりじり炙ったふぐヒレを投入して、ひれ酒に洒落込むにも適しています。

 

その他おすすめの酒

天吹ブランドで必ず味わっておきたいのが、全国新酒鑑評会5年連続金賞受賞を達成した「天吹 裏大吟醸 愛山(大吟醸酒)」です。

アベリアの花酵母で醸された大吟醸は、ヨーグルトのような甘酸っぱい香りと、まろやかな旨味が特徴となっています。

 

蔵元最高級

「天吹 純米大吟醸 中汲み(純米大吟醸酒)」は、蔵元最高級の一本。

搾りの真ん中だけを、贅沢に集めて仕上げています。

こちらも、アベリア酵母を使用して、気品溢れる繊細な味わいを実現しています。

 

天吹【あまぶき】~花の中にすんでいた酵母で造った日本酒~ まとめ

花酵母を使用した日本酒造りに特化した天吹酒造。

花をから抽出した酵母の数は、10種類以上。

花言葉で、今日の一本が選べる日本酒は、「天吹」だけかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Kitagawa

最後までブログを読んでいただきありがとうございます。
これからも日本酒についての記事を書いていきますのでブログシェアお願いいたします。

コメントを残す

スポンサードリンク

このページの先頭へ