真澄【ますみ】~全国屈指の品評会受賞歴を持つ酒蔵~宮坂醸造株式会社

真澄宮坂醸造株式会社は、信州諏訪の酒として名を馳せる「真澄」を醸す酒蔵です。

約350年にわたって酒を造り続けてきた蔵の真価は、大正時代に、天才とも呼ばれた窪田千里杜氏とともに花開きました。

以来、品評会においての受賞数は全国屈指とも言われています。

 

宮坂醸造株式会社

宮坂醸造寛文2年(1662)に信州諏訪で創業した宮坂醸造の酒は、早くから人々に愛されてきました。

徳川家や、赤穂浪士ゆかりの人物が、宮坂の酒を愛飲していたという逸話もあります。

代表銘柄の「真澄」は、江戸後期に諏訪大社のご宝物である「真澄の鏡」に由来して名付けられたものです。

大正中期からは、窪田千里杜氏ともに、品質重視の酒造りへの試行錯誤が始まります。

昭和18年に全国清酒品評会一位に輝いたことを皮切りに、その後も多数の入賞を果たす蔵へと変化していきました。

また、優良酵母、「協会7号」の発祥の蔵という経歴もあります。

昭和21年に発見され、現在でも全国の6割以上の酒蔵で用いられています。

品質の良い酒造りの基盤は今もなお受け継がれていて、蔵人の腕試しと意欲を掻き立てるために、全国各種の品評会に積極的に参加する姿勢を貫いています。

数々の賞に輝いた実績は、全国屈指とも言われる酒蔵です。

また、宮坂醸造の理念として「酒は米作農家と蔵人の共同作品」という言葉があります。

蔵人と農家との信頼関係を築くための、田植えの手伝いや、農家の酒蔵見学といった活動の実施も怠りません。

蔵の一角に、蔵元ショップ「Cella MASUMI」を併設するなど、気軽に日本酒に親しめる試みも行っています。

宮坂醸造株式会社
長野県諏訪市元町1-16

宮坂醸造株式会社
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

 

蔵元ショップ

セラ真澄宮坂醸造では、一般への酒蔵見学などは実施されていませんが、蔵元ショップ「Cella MASUMI」で酒のテイスティングをすることが可能です。

320円のショットグラスを購入した後、月替わりのお勧めの酒を、5~6種類試すことができます。

趣のあるスペースで、樹齢300年の松を臨みながら、真澄をご堪能ください。

営業時間: 9時~18時
定休日: 無休
予約: 16名まで(10名以上の予約は、要問い合わせ)

さらに詳しい情報は、真澄の公式HPでご確認ください。

 

おすすめの日本酒

真澄 大吟醸 夢殿 真澄の品評会出品酒 720ml真澄ブランドのおすすめは、数多くの品評会入賞歴を誇る「真澄 大吟醸 夢殿」です。

全国新酒鑑評会での金賞受賞はもちろんのこと、IWC2017銀メダル入賞、全米日本酒歓評会2017年金賞受賞など海外での受賞も目立ちます。

洗米から搾りに至るまで、すべて蔵人の手仕込みという一本は、華やかな果実香がなんとも言えません。

深い味わいの後に感じるキレも最高です。

 

日本酒Data

銘柄: 真澄 大吟醸 夢殿
特定名称: 大吟醸酒
使用米: 山田錦
精米歩合: 40パーセント
日本酒度: +3.0
酸度: 1.3
アルコール度数: 17度

香り  弱・・・・★強
コク  薄・★・・・濃
キレ  弱・・・★・強
味わい 甘口・★・・・辛口

 

美味しい飲み方

カナッペ香り高い「夢殿」の最も美味しい飲み方は、適度に冷やしてキュッといただくことです。

軽くつまめる一品と合わせて飲みたい大吟醸です。

海外での受賞歴も多い酒なので、和のつまみだけにこだわらず、洋にも挑戦してみましょう。

新鮮な魚介類を使用したカルパッチョ、薄く切ったフランスパンに好みの食材をのせたカナッペなど、オプションは豊富です。

 

その他おすすめの酒

辛口の中に独特な甘味が感じられる「真澄 純米吟醸 辛口生一本(純米吟醸酒)」も、飲んでおきたい一本です。

香りは穏やかで、後味がすっきりしています。

フランスの日本酒コンクール金賞受賞、全米日本酒歓評会銀賞などの受賞歴があります。

 

真澄【ますみ】~全国屈指の品評会受賞歴を持つ酒蔵~ まとめ

美味しい酒造りを目指し試行錯誤を重ねてきた真澄の酒蔵。

その進化や評価は日本国内だけに留まらず、世界市場を切り開く日本酒造りを行っています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Kitagawa

最後までブログを読んでいただきありがとうございます。
これからも日本酒についての記事を書いていきますのでブログシェアお願いいたします。

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ