満寿泉【ますいずみ】~みんなで飲みたくなる楽しい酒~株式会社枡田酒造店

満寿泉北前船で栄えた富山県東岩瀬町に佇む、桝田酒造店。

代表銘柄の「満寿泉」を筆頭に、しっかりとした味わいの酒を醸しています。

飲み手それぞれの感覚で味わい、楽しんでほしいという願いから、日本酒データは非公開。

ついついみんなで飲みたくなる酒が揃っています。

 

株式会社枡田酒造店

枡田酒造初代・桝田兵三郎によって、明治26年(1893)に北海道旭川に誕生した桝田酒造店。

現在は、廻船問屋の町家の佇まいも美しい、富山県東岩瀬町で酒造業を営んでいます。

北前船で賑わった港町の酒蔵らしく、時代に沿った感性の酒を追求するため、前に向かって漕ぎ出す蔵元です。

豊富な海の幸と山の幸に恵まれた富山の地で辿り着いたのは、しっかりとした味わいの、旨味がある酒造り。

淡麗なだけでは、滋味滋養に溢れた地元の食材を活かせないと生みだされました。

創業当時は「岩泉」の銘柄で酒を醸していましたが、昭和初期に港の芸者衆にも飲んでもらうため、「満寿泉」の銘で新ブランドを展開しました。

現在の桝田酒造店の代表銘柄です。

苗字の「桝」の一文字を当て字した、長寿を意味する銘柄は、全国に知られるようになりました。

飲み手それぞれの感覚を大事に、酒を味わい楽しんでほしいという思いから、日本酒データは基本的に非公開。

仲の良い友人たちと、一緒に飲みたくなる酒となっています。

面白い酒造りにも挑戦していて、八岐大蛇(やまたのおろち)退治で使用されたと言われる、八塩折之酒(やしおりのさけ)を再現するなどしています。

思わず胸が弾んでしまう試みです。

全国新酒鑑評会常連の酒蔵でもある、桝田酒造店の酒。

みんなで楽しんでもらえる一本が自慢です。

株式会社枡田酒造店
富山県富山市東岩瀬町269

株式会社枡田酒造店
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

 

おすすめの日本酒

満寿泉 純米大吟醸 1800ml「満寿泉 純米大吟醸」は、ぜひ味わっておきたい「満寿泉」最高峰の酒です。

能登杜氏四天王の一人に数えられる、三盃幸一杜氏が仕込んでいます。

「吟醸の満寿泉」という呼び名を造り上げた人物が醸した酒は、穏やかな吟醸香と山田錦の旨味に加えて、程よい酸味が絶妙なバランスで成り立っています。

しっかりした味わいと、コクのある旨味が忘れられなくなる一本です。

 

日本酒Data

銘柄: 満寿泉 純米大吟醸
特定名称: 純米大吟醸酒
使用米: 山田錦
精米歩合:
日本酒度:
酸度:
アルコール度数: 16.3度

香り  弱・★・・・強
コク  薄・・・★・濃
キレ  弱・・★・・強
味わい 甘口・・・・・辛口

 

美味しい飲み方

ホタルイカの沖漬けワイングラスでちびちびと冷酒で楽しんでもよし、お猪口でクイッとぬる燗をいただいてもよし。

美味しい飲み方のバリエーションが豊富な純米大吟醸酒です。

まずは、富山の滋味に富んだ食材でいただきたい酒。

海の幸も山の幸も、目移りしてしまうほどの種類です。

海の幸ではホタルイカの沖漬け、山の幸では牡丹鍋に山菜ごはんなどがおすすめ。

酒が止まりません。

 

その他おすすめの酒

古代米を使った「満寿泉 貴醸酒」は、酒で酒を仕込んで贅沢に造り上げられました。

濃厚な香りと、とろりと上品な甘味に対して、キレの良い後味がなんともいえません。

最も美味しい飲み方は、冷蔵庫で30分ほど冷やしてからいただくことです。

 

満寿泉【ますいずみ】~みんなで飲みたくなる楽しい酒~ まとめ

みんなで楽しく飲みたくなるために、常に時代の変化に合わせた酒を追求するのは、桝田酒造店。

豊富な「満寿泉」のラインナップは、飲み手を飽きさせることがありません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Kitagawa

最後までブログを読んでいただきありがとうございます。
これからも日本酒についての記事を書いていきますのでブログシェアお願いいたします。

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ