天狗舞【てんぐまい】~琥珀色に澄みきった山廃の酒が看板~株式会社車多酒造

天狗舞車多酒造の銘酒「天狗舞」といえば山廃仕込み。

白山連峰を源とする伏流水と、豊かな加賀平野で育まれた米を、独自の伝統で醸します。

出来上がるのは、澄んだ琥珀色が不思議な魅力を感じさせる一本。

手間をかければかけるほど、旨さが増していきます。

 

株式会社車多酒造

車多酒造

車多酒造は、石川県白山市で、文政6年(1823)から酒造業を営んでいます。

初代蔵元・車多太右衛門から数えて、7代続く由緒ある酒蔵。

霊峰白山の伏流水に加賀平野の米と、豊かな自然に恵まれた地で、銘酒「天狗舞」を醸してきました。

代表銘柄である「天狗舞」は、当時の蔵を囲んだ森の様子から名付けられました。

今にも天狗が現れそうな雰囲気と、天狗の舞の音とも取れる木の葉の音が響いていたことが由来となっています。

車多酒造の酒造りは、人の感覚と経験からなる、手仕込みを大切にしています。

五感の全てを傾け、一つひとつの工程と真摯に向き合い、極上の「天狗舞」を生み出していくのです。

また、「酒本来の旨味は山廃でこそ醸せる」という想いから、多くの酒を「山廃仕込み」で醸しています。

日本酒の伝統技法を受け継ぎ、改良を重ね、独自の手法に辿り着いた蔵元だからこそできることなのでしょう。

今では、「天狗舞」といえば「山廃」と称されるほどの評価を受けています。

「天狗舞」の特徴は、しっかりとした酸味が感じられる辛口であること。

喉の奥に滑り込んだあとに、たっぷりとした余韻も楽しめます。

さらに、色味にも特徴があり、澄んだ琥珀色が艶やかな印象を与えます。

「色抜き」を行わず、活性炭を最小限にすることで、酒本来の味と香りが保たれるのだとか。

変わりどころでは、唐辛子を使用した調味料「剣崎なんば」なども製造しています。

藩政時代から石川県で栽培されていた品種で、旨味を焼酎に溶け込ませて作られます。

 

株式会社車多酒造
石川県白山市坊丸町60-1

 

おすすめの日本酒

天狗舞 山廃仕込 純米酒 1800ml車多酒造の山廃に触れたい方は、「天狗舞 山廃仕込純米酒」から入門してみましょう。

独自の山廃仕込みの伝統が光ります。

深みのある琥珀色の、得も言われぬ美しさも、この純米酒の持ち味です。

食事とともに楽しめる一本。

山廃ならではの香りと酸味が、素晴らしい調和を見せています。

 

日本酒Data

銘柄: 天狗舞 山廃仕込純米酒
特定名称: 純米酒
使用米: 五百万石
精米歩合: 60パーセント
日本酒度: +3.0
酸度: 1.9
アルコール度数: 16度

香り  弱・★・・・強
コク  薄・・・・★濃
キレ  弱・・・★・強
味わい 甘口・・・★・辛口

 

美味しい飲み方

ぶり大根どの温度帯でも独特の旨さを発揮する酒ですが、必ず飲んでおきたいのが、常温とぬる燗での一杯です。

味付けの濃い料理を、どっしりと受け止めることができる酒なので、ぜひ一緒に飲み進めていきましょう。

ぶり大根やカニ味噌など、和食に対応するだけでなく、中華料理やチーズをふんだん使用するイタリア料理で飲んでも美味しいです。

 

その他おすすめの酒

個性的な大吟醸が堪能できる、「天狗舞 山廃純米大吟醸(純米大吟醸酒)」も、おすすめの一本。

こちらも、天狗舞ならではの山廃で、山田錦の旨味を引き出しています。

この芳醇な風味は、他で味わうことができません。

 

天狗舞【てんぐまい】~琥珀色に澄みきった山廃の酒が看板~ まとめ

伝統の技を注ぎ込んでなお、改良を重ねていく、銘酒「天狗舞」。

国内のみならず、海外でも高い評価を受けています。

天狗でなくとも、舞い踊ってしまう一本です

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Kitagawa

最後までブログを読んでいただきありがとうございます。
これからも日本酒についての記事を書いていきますのでブログシェアお願いいたします。

コメントを残す

スポンサードリンク

このページの先頭へ