菊姫【きくひめ】~時代に関係なく美味しいと思った酒を造る~菊姫合資会社

菊姫美味しい手造りの酒を醸すために、新しい技術を積極的に取り入れるのは、銘酒「菊姫」を醸す菊姫合資会社。

安土桃山時代から続く由緒ある酒蔵は、時代が移り変わっても、酒造りに挑戦する姿に変わりがありません。

妥協せず、流行に流されない酒を醸し続けます。

 

菊姫合資会社

菊姫合資会社天正年間(16世紀)創業という「菊姫」の蔵元は、安土桃山時代に、「小柳屋」の屋号で酒造りを始めました。

菊姫合資会社と改名されたのは、昭和初期に入ってからのことです。

石川県に位置する白山連峰の麓で、400年以上にわたって、旨い酒造りにこだわり続けてきました。

時代が移っても変わることのない姿勢は、昭和43年の吟醸酒の発売や、昭和58年の山廃仕込純米酒の発売などから窺うことができます。

吟醸酒が一般的ではなかった時代に発売にこぎつけ、山廃酵母がすたれていた時代に復活させるなど、美味しいと信じた酒を醸してきました。

酒造りで注力してきたことは、米の旨味を生かすことと、日本酒ならではの個性を大切にすることです。

そのため、原料選びは、他に類を見ないものとなっています。

山田錦発祥の地である兵庫県吉川町に、兵庫県以外の酒蔵で「村米」という契約栽培地域を有しているのは、「菊姫」だけです。

酒造りの工程においては、熟成によって酒の美味しさが増すという考えから、その期間に重きをおいています。

10年後の熟成にも対応できるよう、他の蔵と比べても、広大な貯酒場を確保しているほどです。

充分な熟成を経て出来上がった原酒は、複数をブレンドさせることで、より深みのある味わいの酒へと仕上がっていきます。

また、色抜きの工程も控えめであるため、ほんのり黄金色がかった色味が、美しく保たれています。

どの時代でも、味わい・色味を始めとした酒本来の個性を引き出し、銘酒「菊姫」は醸されています。

菊姫合資会社
石川県白山市鶴来新町タ8

菊姫合資会社
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

 

おすすめの日本酒

菊姫合資会社 菊姫 鶴乃里(つるのさと) 純米酒 720ml今でこそ有名になった、イギリスの世界最大級の酒類品評会IWCですが、初代チャンピオン・サケに輝いたのが「菊姫 鶴乃里(純米酒)」となります。

山廃仕込みの純米酒の実力を、世界に知らしめた酒とも言えるでしょう。

どっしりと力強い旨味は、山廃ならではの味わい。

気品が感じられる繊細さも併せ持っています。

 

日本酒Data

銘柄: 菊姫 鶴乃里
特定名称: 純米酒
使用米: 山田錦
精米歩合: 65パーセント
日本酒度: -1.0
酸度: 2.0
アルコール度数: 16.3度

香り  弱・・★・・強
コク  薄・・・★・濃
キレ  弱・・・★・強
味わい 甘口・・★・・辛口

 

美味しい飲み方

治部煮冷やして、常温で、ぬる燗で。

どの段階でいただいても、「菊姫 鶴の里」の力強さが損なわれることはありません。

山廃の酸味が特徴的なため、脂がのった肉料理に合わせると、最高に美味しくなります。

鴨肉を煮込んで作る、加賀の郷土料理「治部煮(じぶに)」と一緒に飲んでみましょう。

お互いに味を引き立て合っていきます。

 

その他おすすめの酒

まだ吟醸酒が一般的ではなかった時代に、全国の吟醸酒の先駆けとなったのが、こちら「菊姫 大吟醸(吟醸酒)」

丁寧に仕込まれた熟成酒独特の香りとまろやかな風味で、昭和43年の発売から、ファンを虜にしてきた一本です。

 

蔵元最高級

「菊理媛(吟醸酒)」は、白山比咩神社の御祭神である菊理媛命(くくりひめのみこと)の名を戴く、蔵元最高級の酒です。

厳選された極上の吟醸酒を、貯酒場で寝かせること10年。

蔵元に「歳月を呑む酒」と言わしめる味わいを実現しています。

 

菊姫【きくひめ】~時代に関係なく美味しいと思った酒を造る~ まとめ

本当に美味しい酒造りを模索し、進化を続ける銘酒「菊姫」の蔵元。

新たに生まれる一本が待ち遠しい酒蔵です。

時代に迎合しない美味しさを求める方に、おすすめします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Kitagawa

最後までブログを読んでいただきありがとうございます。
これからも日本酒についての記事を書いていきますのでブログシェアお願いいたします。

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ