酒豪列伝~酒封じの神として祀られた悲運の武将・本多忠朝~

酔った拍子にやらかした・・・酒飲みであれば、一度は陥る事態かもしれません。

同じ轍は踏まないよう、「そうだ、禁酒をしよう!」と思った人に支持されているのが、本多忠朝。

酒で失敗し、酒封じの神として祀られるようになった戦国の武将です。

 

本多忠朝という武将

本多忠朝

徳川家康の重臣として名高い、本多忠勝の次男。

関ヶ原の戦いで、初陣ながらも刀が曲がり鞘に収まらなくなるほど奮闘。

「さすが忠勝の息子」と、家康から言葉をもらうほどの実力を見せます。

人格面でも優れていたようで、難破したスペイン戦艦の乗組員317名を手厚く保護し、忠勝の遺産1万5000両を兄に譲ったなどの逸話が残っています。

武将に酒のイメージはつきものですが、忠朝も例に漏れず、相当の酒好きだったと言われています。

 

大阪冬の陣での不覚

酒封じの神

酒好きの本多忠朝が、酒が原因で大きな失敗を犯してしまうのが、1614年の大阪冬の陣。

酒を飲んでいたため、不覚をとり、敗走する結果となってしまったのです。

信頼を得ていた家康からも、「柄がでかいだけで使えぬ奴」と、キツイ言葉を投げつけられることに。

武将として汚名を返上すべく、翌1615年の大阪夏の陣では、徳川先鋒を名乗り出ます。

先陣を切って戦う忠朝は、狙撃を受けて落馬するも、果敢に敵を討ち取りました。

しかし、最終的には全身に20ヶ所あまりの傷を受け、戦死。

死の間際に、酒での失敗を悔いて、死後は同じように酒で失敗する者を助けたいと誓ったと言います。

また、「憎むべきは酒なり。今後わが墓に詣でるものは、必ず酒嫌いとなるべし」と言い残したことから、「酒封じの神」として祀られるようになりました。

そんな本多忠朝の墓があるのは、大阪府大阪市にある一心寺。

今でも、禁酒を誓う人が、酒嫌いになることを願って詣でています。

本多忠朝の墓

一心寺へのアクセス

住所:大阪府大阪市天王寺区逢阪二丁目8番69号
電話:06-6771-0444
最寄駅:
JR大阪環状線・天王寺駅
大阪市営地下鉄 御堂筋線・天王寺駅
近鉄線・阿倍野橘駅
公式サイト:http://www.isshinji.or.jp/

 

断酒祈願をするには

本多忠朝の墓所には、禁酒を願いに訪れた人が奉納したシャモジが見られます。

祈願用のシャモジ(1本300円)を、墓所の壁面に掛けて、お参りしましょう。

祈願回向も受け付けています。

一心寺のしゃもじ

 

まとめ

酒封じの神となった本多忠朝。

大阪夏の陣では、戦死こそしましたが、生き残った部下に家康が感状を与えるなどしています。

立派に汚名返上を果たしていたのですね。

酒での失敗を取り戻すご利益もありそうです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Kitagawa

最後までブログを読んでいただきありがとうございます。
これからも日本酒についての記事を書いていきますのでブログシェアお願いいたします。

コメントを残す

スポンサードリンク

このページの先頭へ