早瀬浦【はやせうら】~冷やでも燗でも楽しめる辛口の手造り酒~三宅彦右衛門酒造有限会社

早瀬浦銘酒「早瀬浦」を醸す三宅彦右衛門酒造は、生産量300石の小さな酒蔵。

造り手の表情や蔵の風景が感じられる酒を届けたいと、日々、丁寧な酒造りを行っています。

全国新酒鑑評会での金賞受賞歴を持つ、辛口の手造り酒は、冷やでも燗でも楽しめる逸品です。

 

三宅彦右衛門酒造有限会社

三宅彦右衛門酒造三宅彦右衛門酒造が佇むのは、若狭湾と三方五湖に囲まれた土地。

風光明媚と名高い、福井県美浜町早瀬で、享保3年(1718)年に創業した酒蔵です。

銘柄の「早瀬浦」は、地元早瀬の昔の呼び名に由来します。

当主は、代々「彦右衛門」を襲名し、現在では12代目が蔵を引き継いでいます。

銘柄「早瀬浦」を生み出し、普通酒メインの生産から、特定名称酒を造る蔵へとシフトさせた実績を持ちます。

「造り手の表情や蔵の風景が感じられる酒造り」を目標として、多くの日本酒ファンを虜にしました。

仕込み水は、蔵内の井戸に湧き出る水を使用しています。

海と湖に囲まれた地域であるため、豊富なミネラルを含む良水です。

また、発酵力が増すという特徴も兼ね備えているため、しっかりと芯の通った辛口の酒を醸すことができます。

三宅彦右衛門酒造米に関しても、福井県は酒造好適米「五百万石」の名産地。

良米をふんだんに使用して「早瀬浦」を仕込みます。

生産量300石の小さな蔵ながら、丁寧な手造りで品質の高い一本に仕上げていくのです。

蔵では手間を惜しまず、1回600~900キログラムの小仕込みや、瓶貯蔵などを徹底して行いました。

その結果、彦右衛門酒造で造られた酒は、全国新酒鑑評会で数度の金賞受賞歴を誇るものとなっています。

今や、知る人ぞ知る、福井の銘酒です。

三宅彦右衛門酒造有限会社
福井県三方郡美浜町早瀬21-7

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
三宅彦右衛門酒造有限会社

 

おすすめの日本酒

早瀬浦 純米酒定番の一本は、「早瀬浦 純米酒」

地元福井県が自慢する、五百万石を磨いて造りました。

特徴のある仕込み水と融和して、シャープな印象を与えるキレのいい酒に仕上がっています。

辛口好きに、ぜひ勧めたい。

華やかな香りと、瑞々しさを併せ持つコクが魅力的。

温度帯によって表情の異なる味わいを感じさせてくれます。

 

日本酒Data

銘柄: 早瀬浦 純米酒
特定名称: 純米酒
使用米: 五百万石
精米歩合: 55パーセント
日本酒度: +8.0
酸度: 1.6
アルコール度数: 15度

香り  弱・・★・・強
コク  薄・・・★・濃
キレ  弱・・・・★強
味わい 甘口・・・★・辛口

 

美味しい飲み方

へしこ冷やでも燗でも旨い辛口純米酒。

軽快な印象を楽しむなら冷やがおすすめ。

燗をつけると、米の旨味がじわりと増します。

「早瀬浦 純米酒」には、若狭湾の新鮮な海の幸がついていれば言うことなし。

鮮魚を使用した一品と合わせると間違いありません。

また、美浜町の名産品である「へしこ」との相性が抜群。

魚をぬか漬けにして熟成させた「へしこ」に負けない酒は早瀬浦だけです。

 

その他おすすめの酒

「早瀬浦 大吟醸雫酒(大吟醸酒)」は、40%まで磨いた山田錦を自社酵母で醸しています。

袋吊りで滴る大吟醸の雫酒を、丁寧に瓶燗急冷して、高い酒質を保つよう貯蔵した一本。

数量限定の至福の味をご堪能ください。

 

蔵元最高級

早瀬浦の高級酒をじっくりと楽しむのなら、「早瀬浦 純米大吟醸(純米大吟醸酒)」をお試しください。

上立ち香だけでも、くらりと酔いしれしまいそうですが、含むとさらに魅了されてしまいます。

ふくよかな旨味を持ちつつ、キレが素晴らしい一本です。

【早瀬浦 純米大吟醸 1800ml】 お酒 日本酒 地酒 純米吟醸 生酒 原酒 晩酌 家飲み 贈答 お祝 お礼 歓送迎会 お餞別 お花見 早瀬浦 若狭 福井

 

早瀬浦【はやせうら】~冷やでも燗でも楽しめる辛口の手造り酒~ まとめ

昔からの漁師町で長く愛されてきた、三宅彦右衛門酒造。

若狭の地の恵みを受けて醸される手造りの「早瀬浦」は、冷やでも燗でも美味しいと、全国に知れわたった銘酒です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Kitagawa

最後までブログを読んでいただきありがとうございます。
これからも日本酒についての記事を書いていきますのでブログシェアお願いいたします。

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ