国稀【くにまれ】~北の港町が生んだ海産物と最高に合う銘酒~国稀酒造株式会社

國稀日本最北の地で醸される、銘酒「国稀」。

蔵元の国稀酒造は、当時栄えたニシン漁に携わる人々のために、酒造業を始めたと言われています。

北海道の港町ならではのエピソードを持つだけあって、海の恵みとの、抜群の相性の良さを誇る酒が自慢です。

 

国稀酒造株式会社

国稀酒造明治15年(1882)創業の国稀酒造は、北海道増毛町に蔵を構える、日本最北端の蔵元です。

明治時代にニシン漁で賑わっていた地域で、労働者の身体を温める日本酒造りを始めたと伝えられています。

歴史を重ねた建物は、北海道遺産にも選ばれ、「北海道赤レンガ建築賞」も受賞しました。

趣のある石造りの蔵や、大正時代に建てられた木造店舗なども、現役で使用されています。

そんな酒蔵で使用される原料は、徹底的に吟味されたものばかり。

酒造好適米として名高い兵庫県産「山田錦」や、富山・新潟県産「五百万石」に加え、北海道産の酒造米「吟風」などが挙げられます。

また、仕込み水には、暑寒別岳から生まれる良質な伏流水が使用されています。

北前船飲料水の補給地であった地に蔵を構えただけあって、名水には事欠きません。

原料米とともに、南部杜氏の技によって、しっかりとした辛口の酒に仕込まれていきます。

代表銘柄の「国稀」は、もとは「国の誉」という銘でした。

乃木希典創業者の本間泰蔵が、元陸軍大将であった乃木希典氏に感銘を受けて「国稀」と改名したと言われています。

良く見ると、乃木氏の名前の一字である「希」に、「のぎへん」がくっついた銘となっています。

ニシン漁も盛んな港町で生まれた酒だけあって、海産物と合わせるにはもってこいの味わいと定評があります。

国稀酒造株式会社
北海道増毛郡増毛町稲葉町1-17

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
国稀酒造株式会社

 

酒蔵見学

國稀酒造酒蔵見学国稀酒造は、一年を通して酒蔵見学を受付けています。

利き酒コーナーでの無料試飲や、販売店での購入はもちろんのこと、情緒あふれる石蔵の資料室は必見です。

酒類以外のお土産としておすすめしたいのは、国稀自慢の仕込み水。

容器を持参すれば、持ち帰ることができます。

見学時間: 9時~16時30分
見学料: 無料
休業日: 年末年始
予約: 希望者が10人以上の場合は、事前予約が必要です。

お問い合わせは、こちらの公式HPでどうぞ。

 

おすすめの日本酒

国稀酒造 特別純米酒 1800ml国稀ブランドの実力の一端に触れるなら、まず「特別純米 国稀」からお試しください。

「五百万石」の風味を閉じ込めて、飲み飽きない一本に仕上げています。

一口いただくと、豊かな米の香りに、まろやかな旨味が重なるのが魅力的。

それでいて、すっきりとした辛味も際立つ純米酒です。

 

日本酒Data

銘柄: 特別純米 国稀
特定名称: 特別純米酒
使用米: 五百万石
精米歩合: 55パーセント
日本酒度: +5.0
酸度: 1.5
アルコール度数: 15.7度

香り  弱・・★・・強
コク  薄・・・★・濃
キレ  弱・・・★・強
味わい 甘口・・・★・辛口

 

美味しい飲み方

タラバガニのにぎり寿司冷やでも燗でもいける酒です。

どちらがより美味しいか、飲み手の好みで大きく意見が別れることになるかもしれません。

海産物との相性の良さが評判の酒なので、北海道の海の恵みを生かした料理と飲んでほしい一本。

月並みかもしれませんが、新鮮な海の幸を使用した握り鮨を噛みしめて、きゅっと一献いってみましょう。

甘いネタと酒の辛さの組み合わせが絶品です。

 

 

その他おすすめの酒

国稀ブランドの、もう一つのおすすめは、「純米 吟風国稀(純米酒)」

北海道生まれの酒造米「吟風(ぎんぷう)」100%使用の純米酒です。

旨味の中に感じられる、適度な酸味も爽やかな、淡麗の酒になっています。

 

蔵元最高級

蔵元最高級の一本は、「国稀 大吟醸(大吟醸酒)」です。

山田錦を38%まで贅沢に磨いて仕込んでいます。

封を開けると、華やかな吟醸香にクラっときてしまいます。

味のほうも、淡麗な旨さに引き込まれてしまう仕上がりです。

 

国稀【くにまれ】~北の港町が生んだ海産物と最高に合う銘酒~ まとめ

北海道増毛町が誇る銘酒「国稀」は、その旨さから、多くの人を魅了してやまない一本。

蔵元へ訪れる人の数は、年間13万人を越えるとも言われています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Kitagawa

最後までブログを読んでいただきありがとうございます。
これからも日本酒についての記事を書いていきますのでブログシェアお願いいたします。

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ