東豊国【あづまとよくに】~ベテラン杜氏と若き蔵元が手造りする極上酒~豊国酒造合資会社

一歩己創業約180年を誇る豊国酒造の酒は、地産にこだわり、造り続けられる「地酒」。

阿武隈山系から流れる清水と、地元農家が手塩にかけた米で最高の地酒は生み出されます。

長い間、ほぼ地元で独占されていたため、幻のような酒でした。

近年は、伝統の継承に「モダン」というコンセプトが加わり、新たな味が追求されています。

 

豊国酒造合資会社

豊國酒造合資会社創業は、天保年間(1830~1844)という豊国酒造合資会社は、阿武隈山系の緑と水に恵まれた、山間の古殿町に佇む酒蔵です。

古殿町は、石川~いわきを結ぶ「御斉所街道」が残る地域。

幕末の思想家として有名な吉田松蔭も、ここを旅して地酒の味わい深さに感銘したと伝えられています。

地酒の名産地として名高い地域で、代々、江戸時代と変わらない手法で造り続けること約180年。

豊国の杜氏と蔵人が妥協を許さず、美味い酒にこだわってきたことは、全国新酒鑑評会で8年連続金賞という経歴が物語っています。

こだわりの姿勢は普通酒の醸造でも同様で、すべての酒の基盤として仕込まれています。

季節限定で販売される焼酎なども、昔ながらの製法です。

また、伝統の手法を大切にする一方、新たな酒の開発にも余念がありません。

2011年には、9代目の若き蔵元・矢内賢征さんが豊国酒造の新たな銘酒「一歩己(いぶき)」を造りあげることに成功しています。

「一歩ずつ確実に、己に慢心することなく」と願って名付けられた、豊国酒造のホープと言える人気の一本です。

 

豊国酒造合資会社
福島県石川郡古殿町竹貫114

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

 

おすすめの日本酒

東豊国大吟醸「幻」げん豊国酒造のおすすめの一本は「大吟醸げん」。

杜氏歴35年、名人と謳われる南部杜氏・簗田博明さんが技術の粋を込めて生みだした銘酒です。

コクっと一口いただいてみると、果実を連想させる爽やかな香りが広がります。

後に続くのは、上品な甘味。

酒名どおり、幻のような美味しさです。

 

日本酒Data

銘柄: 大吟醸げん
特定名称: 大吟醸酒
使用米: 山田錦
精米歩合: 40パーセント
日本酒度: +4
酸度: 1.3
アルコール度数: 15~16度

香り  弱・・・★・強
コク  薄・・・★・濃
キレ  弱・・・★・強
味わい 甘口・・★・・辛口

 

美味しい飲み方

天ぷら美味しくいただくには、冷やが最適。

爽やかな香りと上品な甘味が、いっそう美味しく感じられます。

合わせてみたい料理は、素材の味わいを引き立てる甘塩風味のもの。

季節の野菜や魚の天ぷらに、パラリと塩をふって一緒にいただくと、お互いの旨さがふくらみます。

 

その他おすすめの酒

一歩己 純米原酒9代目蔵元が生みだした豊国酒造の新ブランド「一歩己 純米原酒」もおすすめの銘酒。

日本酒度+1、酸度1.6、アルコール度数16度と辛味を抑えつつも、甘味旨味を内包した、しっかりとした味わいの一本。

香りも華やかで、冷でも燗でも、すっと飲める酒です。

 

東豊国【あづまとよくに】~ベテラン杜氏と若き蔵元が手造りする極上酒~ まとめ

約180年間、伝統の手法を継承してきた豊国酒造。

ベテラン杜氏が伝統の銘酒を醸す一方、若き蔵元が伝統を継承しつつ、「モダン」のコンセプトで新たな銘酒を生み出す蔵元です。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Kitagawa
最後までブログを読んでいただきありがとうございます。 これからも日本酒についての記事を書いていきますのでブログシェアお願いいたします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ