豊盃~全国で唯一の豊盃米を丁寧に仕込んだこだわりの酒~三浦酒造株式会社

三浦酒造株式会社は、青森県弘前市にある蔵元です。

家族で切り盛りをしているため規模は大きくありませんが、丁寧に作り出される日本酒は各所で高い評価を受けています。

houhai04

 

三浦酒造株式会社

pic01三浦酒造株式会社の創業は昭和5年(1930年)のことです。

現在は五代目の蔵元となる三浦兄弟が、自ら杜氏として酒造りの陣頭に立っています。

すべての工程に杜氏の目が行き届き、こだわりを持った酒造りが行なわれています。

 

豊盃の由来と酒造り

houhai03代表銘柄は「豊盃」【ほうはい】で、「和醸良酒」(良いお酒は酒に携わる人たちによって生まれるとともに、良いお酒は人と人との関係を良くするという意味です)の想いを込めて付けられています。

仕込み水は、自社の井戸により岩木山の伏流水を汲み上げて使用しています。

特筆すべきは酒米で、日本で三浦酒造だけが契約栽培している「豊盃米」という品種をメインに使用しています。

酒米はすべて自家精米し、丁寧に仕込んでいます。

「豊盃」は最近特に注目を集めています。

mohikanそれというのも小さな酒蔵でありながら、JAL国内線のファーストクラスの機内酒に採用されたり、スペインのマドリードにある日本大使館のパーティーの際に振舞われる酒として使われたりするなどの実績によります。

また、小回りも利くため、酒販店などとのコラボレーション企画も精力的に行なっています。

そのようにして過去にはユニークなラベルのお酒も造っており、中でも「ビキニ娘」や「モヒカン娘」などは話題になりました。

 

三浦酒造株式会社
青森県弘前市石渡5-1-1
TEL 0172-32-1577

 

おすすめのお酒

houhai01いちおしはやはり「豊盃 純米吟醸 豊盃米」です。

この独自の酒米「豊盃米」を100%使用して仕込んだお酒で、この蔵元だけが造れるお酒です。

広がりのある豊かな吟醸香と奥深い味わいを持ち、キレのあるお酒に仕上がっています。

料理との相性も非常によく、食中酒としても優秀な1本です。

 

houhai02

日本酒データ

銘柄: 豊盃 純米吟醸 豊盃米
特定名称: 純米吟醸酒
使用米: 豊盃米
精米歩合: 55パーセント
日本酒度: +1.0~3.0
酸度: 1.7~2.0
アルコール度数: 15~16度

香り  弱・・★・・強
コク  薄・・★・・濃
キレ  弱・・★・・強
味わい 甘口・・★・・辛口

 

おすすめの飲み方

「豊盃米」の味わいとうま味を最大限感じるには、常温で飲むに限ります。

魚介系の料理のうま味を倍増させるお酒で、にしんの切り込みや津軽の郷土料理「いがめんち」と一緒にいただくとたいへん美味しくなります。

 

その他のおすすめのお酒

houhai-turusi三浦酒造の最高級酒「豊盃 つるし酒 大吟醸」もおすすめです。

酒米は「山田錦」を贅沢に40%まで磨いて使用しています。

さらに、袋吊りにして自然に滴り落ちる雫酒の中取りを集めたもので、わずかしか生産されない貴重なお酒です。

もう1本、「豊盃 特別純米酒」も良いお酒です。

こちらは酒米に「豊盃米」を使っています。

柔らかい口当たりでありながら厚みのある味わいが特徴で、心地よい余韻が残ります。「豊盃米」の味わいを比較的手軽に味わうことができます。

 

まとめ

三浦酒造株式会社は家族的な雰囲気の中で、丁寧な酒造りを行なっている蔵元です。

日本で唯一の「豊盃米」を使用していることや、そのグローバルな活躍ぶりがきらりと光ります。

この「豊盃」をぜひお楽しみください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Kitagawa
最後までブログを読んでいただきありがとうございます。 これからも日本酒についての記事を書いていきますのでブログシェアお願いいたします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ