飛露喜【ひろき】~存在感ある酒を造る地酒ブームの先駆者のひとつ~合資会社廣木酒造本店

飛露喜越後街道沿いに位置する、合資会社廣木酒造本店は、江戸時代中期から続く蔵元。

地元の風土を生かした酒とするために、地元の米「五百万石」を使用して、品のある深い味わいの酒を造っています。

廣木酒造本店の社長兼杜氏である9代目みずからが手掛けた銘酒「飛露喜」は、月に1度の店頭販売で長蛇の列ができるほどの人気です。

 

合資会社廣木酒造本店

泉川

合資会社廣木酒造本店は、文化文政年間(1804~1830)の創業。

会津坂下町と新潟をつなぐ越後街道沿いで、代々「泉川」という銘柄の酒を地元中心に販売していました。

長年普通酒をメインに扱ってきた廣木酒造は、9代目廣木健司さんの手により一躍飛躍を遂げます。

高齢のため杜氏が蔵を引退し、先代の急逝で30歳という若さで社長兼杜氏として、酒を仕込むようになった9代目。

一時は、廃業も考えたそうです。

しかし、味で勝負できる酒、存在感のある酒を造りたい、という思いから1999年に生まれた「飛露喜」が爆発的な人気を得ることになります。

地酒ブームの火付け役ともなった銘柄の一つで、現在でも品薄状態が続き、入手が困難なほどです。

人気を一過性のものとせず、蔵主がさらに旨い酒造りを追求した賜物でしょう。

設備と原料米に投資を惜しまず酒造りにこだわり、細やかな温度管理で旨味と雑味の調整を行っています。

また、米を水に浸す時間が僅かに違うだけでも、味が変わってしまう日本酒。

浸水時間でさえ、秒単位で管理されています。

合資会社廣木酒造本店その結果、濃密でありながら透明感の溢れる酒が醸すことに成功。

火入れ技術の研究にも手間を惜しまず、現在でも成長を続けている蔵元です。

廣木酒造では、「飛露喜」と並び、地元優先で販売される「泉川」も人気を博しています。

「飛露喜」では出ない味わいを目指して造られる、蔵元のもう一つの面を見せてくれる地酒です。

 

合資会社廣木酒造本店
福島県河沼郡会津坂下町字市中二番甲3574

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

 

おすすめの日本酒

特別純米飛露喜限定酒が多く購入が困難な廣木酒造の酒の中で、「特別純米飛露喜」は、唯一の通年安定して出荷される酒です。

安定しているからこそ、上質な酒質を保つ工夫が光る一本。

甘味、辛味、酸味のバランスの調和がとれていて、たちのぼるほのかな甘い香り。

飲みくちは、スッキリとしていて、口に含むと旨味が溢れてきて、いつまでも飲み飽きない味に仕上がっています。

 

日本酒Data

銘柄: 特別純米 飛露喜
特定名称: 特別純米酒
使用米: 麹米:山田錦、掛米:五百万石
精米歩合: 麹米:50%、掛米:55%
日本酒度: +3
酸度: 1.6
アルコール度数: 16.2度

香り  弱・・★・・強
コク  薄・・・★・濃
キレ  弱・・・★・強
味わい 甘口・・・★・辛口

 

美味しい飲み方

鶏鍋飛露喜ブランドは、食中酒として注目を集める銘酒。

肉でも魚でも、さまざまジャンルの料理に合わせることができるのは、さすがの一言。

鶏肉の鍋を口に運ぶ合間に、冷やでちびりと一口いくと、旨さも倍増。

食中酒として、もう手放せません。

 

その他おすすめの酒

純米大吟醸飛露喜蔵元最高級「純米大吟醸」は、廣木酒造の自慢の銘酒。

上品で華やかな香りが鼻をくすぐったあとに、透明感のあるきれいな酸味が旨味とともに口に広がります。

限定本数のみの出荷なので、手に入りにくいのが悲しいところです。

 

飛露喜【ひろき】~存在感ある酒を造る地酒ブームの先駆者のひとつ~ まとめ

9代目蔵元が、試行錯誤を重ねて廃業の危機を乗り切った廣木酒造。

主張する酒である「飛露喜」と気軽に楽しめる酒である「泉川」、ともに存在感のある味を追求しています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Kitagawa
最後までブログを読んでいただきありがとうございます。 これからも日本酒についての記事を書いていきますのでブログシェアお願いいたします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ