酒豪列伝~千住酒合戦~記録7升半という豪快な呑み比べ大会

「水はムリだけど、酒なら何杯でもイケる」、そう思ったことはありませんか?

自分の限界まで挑戦してみたいけれど、急性アルコール中毒が怖いし、ふところも寂しくなるので諦めてしまいがち。

しかし、江戸時代には、そんな心配もなんのその。

老若男女がこぞって楽しんだ、「酒合戦」と呼ばれる呑み比べ大会がありました。

 

呑み比べは贅沢?

千住の飲み比べ大会

現代だと、いつでも飲める酒ですが、昔は特権階級だけが口にできるものでした。

しかし、大量生産が可能になったことで、徐々に庶民でも楽しめるようになっていきます。

そんな庶民が、飲酒という点で贅沢ができるようになったのが、戦もなくなった江戸期のことです。

酒を大量に生産する技術力、まとまった量を購入できる庶民の経済力、飲酒を楽しめる精神的余裕などが重なって、大々的な「呑み比べ」が可能になったのです。

江戸の庶民が楽しんだ「呑み比べ」には、さまざまなものがありますが、江戸の食文化史上でも有名なのが「千住酒合戦」。

1815年に開催された大会なので、すでに灘や伊丹などの名醸造地の酒が、下り酒として江戸に入っている時代のことですね。

 

還暦祝いの呑み比べ大会

千住酒合戦千住酒合戦が行われたきっかけは、中屋六右衛門という人物の還暦祝い。

平均寿命が短い時代だったので、還暦を迎えたことを、大々的に祝いたかったのでしょう。

性別も身分も年齢も問わず、老若男女、はては旅人までもが参加した、大きな呑み比べ大会となりました。

大会の形式は、二組に分かれての対戦式。

たくさん飲んだほうが勝ちという、シンプルなルールのもと行われたようです。

ルールがルールなだけに、準備された杯の種類も豊富。

いちばん小さいもので五合(約900ml)、もっとも大きいもので三升(約5L)のものが使われたと記録されています。

最大サイズの杯なんて、飲み干せないのでは?と心配になりますが、七升飲んだツワモノや、女性でも二升以上も飲みきった酒豪が続出しています。

江戸時代の人間は、現代人以上に、酒に強かったのでしょうか。

 

酒豪の秘密は

実は、江戸時代のお酒は、割り水で飲むことが前提でした。

現在の日本酒よりも、風味にクセがあったため、そのままだと呑みづらかったようです。

当時、販売されていた酒のアルコール度数は、平均4~5度ほど。

ちなみに、現在の日本酒は、15~16度ほどなので、その差は歴然ですね。

三升を飲み干しても、三分の一だと思えば少ない・・・?

どちらにしても千住の呑み比べ大会は、見物客にまで酒が振る舞われ、大盛況で終わりました。

会場のあちこちで、終日飲めや歌えやの大騒ぎ。

全員が酔っぱらいだと考えれば、迷惑でもなんでもないかもしれません。

幸い、急性アルコール中毒などで死者も出ませんでした。

昏睡したり、二日酔いになったりといった被害はあったようですが。

酒は飲んでも飲まれるな、ですね。

 

酒豪列伝~千住酒合戦~ まとめ

大会当時の江戸の町には、約2000件の居酒屋が軒を連ねていたことから、江戸っ子の酒好きが窺えます。

アルコール度数が低いからこそ、できた無茶かもしれませんが、賑やかな時代だったのでしょう。

現代の日本酒では、真似ができない(してはいけない)古きよき時代の大会でした。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Kitagawa

最後までブログを読んでいただきありがとうございます。
これからも日本酒についての記事を書いていきますのでブログシェアお願いいたします。

コメントを残す

スポンサードリンク

このページの先頭へ