プロファイバープラス~酒粕パワーで便秘改善~大関株式会社

「プロファイバープラス」をご存じですか?

「んんん?」と思われる方もいるかもしれません。

「プロファイバープラス」はともかく、「ワンカップ大関」の名は、お酒好きな方なら勿論のこと、あまりお酒に詳しくない方でも、何度も耳にしたことがあるでしょう。

コクがありつつ、まろやかで伸びのある飽きのこない味のお酒ですよね。

→大関株式会社~丹波杜氏が醸す呑み飽きることのない淡麗辛口の酒~

超遠距離通勤の会社員の方が、帰途、電車内のボックス席に座り、おつまみをつまみながら、ちびりちびりと楽しんでいる光景もよく見かけます。

 

さて今回は、正徳元年(1711)に創業し、麹(こうじ)にこだわって醸造酒を作り続けている老舗株式会社、「大関株式会社(1991年4月に社名変更)」から、満を持して発売された「プロファイバープラス」をご紹介したいと思います。

「プロファイバープラス」……その名称から、「ははぁん、きっと食物繊維を含んだ何かだろうな」とお察しがつくかと思います。

ファイバー(この場合は食物繊維のことです)を摂ると身体に良い、というのは、もはや健康に気を遣う人の常識となっていますよね。

食生活の乱れ、度重なるストレスや運動不足、肥満、それに伴う弊害……現代人の胃腸は、常に危機的状況にさらされ、悲鳴を上げている、と言っても過言ではありません。

 

プロファイバープラスができるまで

酒粕中には、米、酵母等に由来した複数の食物繊維と多くの栄養成分が含まれています。

これを活用すれば、健康維持に大きな効果があるのではないか、と大関株式会社は考えました。

酒米を幾つかの段階を経て発酵させると、酒粕ができます。

それを更にもう一度、発酵させ、有用成分を凝縮させた後、精製すると、プロファイバー(酒粕レジスタントプロテイン)という物ができあがります。

これは、長年、麹発酵技術の探究を続け、酒麹と真摯に向き合ってきた大関株式会社だからこそ生み出せた、全く新しい機能性素材なのです。

ラットの研究結果では、プロファイバーを与える濃度を増していくと、糞の排泄量が段階的に増加し、更に、体外への脂質の排泄効果も確認されました。

そのプロファイバーに、植物性乳酸菌とギムネマエキスをバランス良く配合した健康補助食品……それが「プロファイバープラス」なのです!

植物性乳酸菌とは……植物を栄養源として生育する乳酸菌のこと。

味噌、醤油、酒も全て麹(こうじ)を発酵させて作ったものですし、我々の日々の食卓にはかかせませんよね。

ギムネマとは……インドやスリランカの熱帯林を原産とするハーブで、それから抽出されるギムネマエキスは、糖分の吸収を腸管で抑え、血糖値の上昇も抑えるので、空腹を感じにくくなる効果があり、便秘の改善・解消効果もあります。

なんと、虫歯の予防にも効果があるそうですよ。

プロファイバー+植物性乳酸菌+ギムネマエキス→「プロファイバープラス」!

これって、正に最強タッグ!

体に良いことずくめの成分が、ぎゅうっ、と詰まった製品だと思いませんか?

健康な10代から50代の女性68名に「プロファイバープラス」を試して貰った結果、「お通じが毎日あるようになった」と答えた方の割合が約32%増加し、便の量も約22%の方が増加しました。

また、便の臭いも約10%軽減、便の質も約31%の方が「良くなった」と回答されました。

以上のことを踏まえて考えると……

「プロファイバープラス」を毎日の食生活に加えれば、腸内環境が改善、肥満も抑制、脂質代謝も改善され、更に整腸作用もある!

という結論が自ずと導き出されますよね。

便秘になると、お腹が重いし、吹き出物も出る。

食欲もなくなる。

腹筋やストレッチをすれば、便秘の改善に効果があるかもしれませんが、定期的に続けるのは難しいし、面倒……といった方も多いと思います。

そして、いざ便秘になってしまうと、体を動かすことすら億劫になり、それが更に便秘を助長する原因にもなりますよね。

 

プロファイバープラス……一体どこで買えるの?お値段は?

では、一体どこで買えるのでしょうか?

現在、「プロファイバープラス」は、大関株式会社公式オンラインショップでしか、購入することはできません。

お値段は、「プロファイバープラス」180粒入(約30日分)3780円(税込)のところ、今なら、「プロファイバープラストライアル」180粒入(約30日分)(初回限定・送料無料)1890円(税込)の最安値価格で試すことができます。

成分や価格など詳しくは公式サイトをご覧ください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Kitagawa
最後までブログを読んでいただきありがとうございます。 これからも日本酒についての記事を書いていきますのでブログシェアお願いいたします。

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ