東海地方の酒蔵

本州中部の太平洋側に位置する東海地方。

愛知・岐阜・三重・静岡の4県からなります。

気候は温暖で、雨量が多い地方。豪雪地帯となる地域もあり、北アルプスや木曽御岳、白山連峰などの湧水と、雪解け水が流れ込む木曽川や長良川といった豊かな水系に恵まれています。

さらに、岐阜県南部から愛知県南部に広がる日本有数の大平野「濃尾平野」を擁し、河川からの堆積物で形成された肥沃な土壌では稲作も盛んです。

そのため、酒米に対するこだわりが強い蔵が多いのが、東海地方の酒蔵の特徴です。

良質の米を求めるだけではなく、酒造好適米の契約栽培自家栽培にいち早く着手し、実績をあげた蔵も少なくありません。

また、愛知の「夢吟香」、岐阜の「ひだほまれ」、静岡の「誉富士」など、東海地方を原産とする酒造好適米も開発されています。

それらで酒を醸す各蔵の杜氏は、南部・能登・但馬杜氏など。

様々な集団の杜氏が、技術の粋を込めて、地域ごと、あるいは蔵ごとに異なる特徴の酒を追求しています。

酒質は、愛知・三重が濃醇甘口、岐阜・静岡では淡麗辛口の傾向があるようです。

近年では、東海4県の酒をはじめとした、各地の日本酒が集う「名古屋城酒まつり」というイベントも愛知県で開催されています。東海の酒蔵の銘酒を楽しむチャンスです。

→酒蔵名鑑 日本酒を産地で選ぶ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Kitagawa

最後までブログを読んでいただきありがとうございます。
これからも日本酒についての記事を書いていきますのでブログシェアお願いいたします。

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ