東北地方の酒蔵

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

本州の北東部に位置する東北地方。

奥羽山脈を境に太平洋側と日本海側に分かれ、青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島の6県からなります。

水田が多く、日本の米の約4分の1を生産するほどの穀倉地帯。

酒米に関しても例外ではなく、「美山錦」「吟ぎんが」「花吹雪」など個性豊かな品種が栽培され、使用されています。

また、地産米や自作米にこだわりを持つ酒蔵が多くみられることも特徴です。

全体的に積雪量が多い地方であるため、白神山地、北上山系、蔵王山系などの連なりから湧き出る名水にも恵まれています。

さらに、豊富な積雪量や気温の低さは、東北地方の独特な醸造技術の発展にも繋がりました。

日本三大杜氏の一つ、「南部杜氏」は、岩手県を起源としています。

厳しい東北の気候を利用した「長期低温発酵」は、近代的な設備が登場する以前から行われていました。

また、雪室貯蔵で超低温熟成を利用する酒造りも、東北地方ならではの取り組みです。

米、水、技に恵まれた東北地方では、古くから酒造りが行われてきました。

創業500年を越える、秋田の「飛良泉本舗」をはじめ、江戸時代初期から続く老舗酒蔵が数多く残っています。

それは2011年の東日本大震災後も同様で、建物の倒壊や津波による被害、原発事故の影響なども乗り越え、代々受け継いできた蔵を守り通しました。

もちろん、廃業を余儀なくされた蔵元も、一定数存在します。

しかし、規模の縮小や移転をしてでも、酒造りの火を消すまいと奮闘する人々がいるかぎり、東北地方の酒造りの歴史は続いていくのでしょう。

2015年と2017年には、東北の酒を応援してくれたファンに感謝の気持ちを伝えたいと、東北六県の酒造組合が手を取り合い、「東北六県魂の酒まつり」といった催しが行われました。

約130の蔵が持ち寄った500種以上の酒を飲み比べるイベント、次回開催を日本全国のファンが待ち受けていることでしょう。

→酒蔵名鑑 日本酒を産地で選ぶ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Kitagawa

最後までブログを読んでいただきありがとうございます。
これからも日本酒についての記事を書いていきますのでブログシェアお願いいたします。

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ