中国地方の酒蔵

本州の西部にあたる中国地方。

日本海と瀬戸内海にはさまれて、島根・鳥取・岡山・広島・山口の5県から構成されています。

昔から、甘口の酒が多いのが、この地方の酒蔵の特徴。

東西に長く広がる山地と、石灰質の地層を持つ土地から湧き出る軟水で、酒造りが行われています。

日本三大酒どころの一つ「西条」を抱える広島では、明治20年代に軟水醸造法が開発され、現在の吟醸酒質のベースが確立されました。

また、山田錦や五百万石といった酒造好適米のルーツとも言われる「雄町」は、岡山県の特産品です。

以上のことに加え、戦時中にも戦艦に積むための酒を醸していたこともあり、中国地方の酒蔵は吟醸酒や大吟醸酒といった高級酒を扱うところが多いようです。

現存する蔵の数も多く、北陸や関東にも並ぶほどです。

しかし、多くの銘酒を持つ蔵も、近年までは他の地方ではあまり知られていませんでした。

地理的な距離や流通ルートなどがネックとなっていたのでしょう。

現在は、ネット通販の登場などをきっかけに、国内だけに留まらず、グローバルな人気を高めていっています。

銘酒「獺祭(だっさい)」を醸す岡山県の旭酒造が、その最もたる例と言えるでしょう。

海外への進出にも有利な地理に位置する中国地方の酒蔵、地元から世界へと羽ばたく蔵は、これからも増え続けてゆくのかもしれません。

→酒蔵名鑑 日本酒を産地で選ぶ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Kitagawa

最後までブログを読んでいただきありがとうございます。
これからも日本酒についての記事を書いていきますのでブログシェアお願いいたします。

コメントを残す

スポンサードリンク

このページの先頭へ